2016.06.25(土)

2つのセキュリティ関連レポートを公開、経営層の認識の低さが露呈(日本IBM)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は2月29日、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

「2015 IBMセキュリティー・スタディー」は、グローバルで発表されている「2015 Securing the C-Suite」の日本語版で、世界28カ国18業種、702名のCEO、COO、CFO、CIO、CMOなどの経営層を対象に、サイバーセキュリティに関するインタビューを実施した結果に基づくもの。CISOを外すことで、セキュリティを専門としない経営層の傾向を明らかにしている。

これによると、経営層の80%は「今後2年以内に自社にサイバーセキュリティ事故が起こる可能性」を50%以下と考えていた。また、サイバーセキュリティ対策に自信を持っているCEOは51%にとどまり、もっとも低い割合となった。さらに、脅威に対する認識もセキュリティ専門家とは相違があった。

「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」では、「約74%の組織でドライブ・バイ・ダウンロード攻撃を確認」「不特定多数を狙ったメール攻撃は『短期』『集中』『使い捨て』」「ランサムウェアを用いた攻撃活動の増加」が主な報告となっている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  2. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

    デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  3. 情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

    情報漏えいで発生した平均コストは400万ドル、その約6割が対応費用(日本IBM)

  4. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  5. 日本国内の情報セキュリティ市場規模、2014年は8,000億円の大台突破へ(JNSA)

  6. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  7. ハッキングされたサーバー7万台以上のアクセス情報を取引、闇フォーラム「xDedic」の実態を公開(カスペルスキー)

  8. 日本の18~26歳のセキュリティ職への関心が国際平均を下回る--大人にも責任(レイセオンジャパン)

  9. 親から子へ、SNSとソーシャルゲーム安全利用の手引き(トレンドマイクロ)

  10. 2013年の情報セキュリティインシデント、情報通信業の漏えい人数が突出(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×