2016.08.30(火)

【RSA Conference USA 2016】クリエイティブなセキュリティ人材を育てる組織文化~RSA キーノート

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

2月29日(現地時間)、世界最大級のサイバーセキュリティイベント RSA Conference がサンフランシスコのモスコーンセンターで開幕した。RSA Conference US 2016 は今回で 25 回目の開催。3月1日に行われたキーノートスピーチには、開場前から、一辺 100 メートルを超えるコンベンションセンターをほぼ半周する入場待ちの列ができた。

RSA の Amit Yoran はキーノートの最初に登壇し、米保険企業 Anthem などのデータ侵害事件、不倫専用出会い系サイト Ashley Madison の会員情報流出事件、そして米中の間で結ばれた和平協定など、2015年に起きたセキュリティ関連の主要なインシデントやニュースを振り返りながら、セキュリティ業界の現状を語った。「大企業の情報セキュリティ予算のうち、迅速な発見と反応のアプローチに割り当てられる割合が、2020 年までに(2014 年と比較して約 6 倍の)60% に上昇する」というガートナーの試算を紹介したのち、Yoran は次のように指摘した。

「我々は、アンチウイルス、サンドボックス、次世代ファイアウォールなどの防衛的な技術が、今後も我々の安全を確保するかのようなふりをしている──そうはならないと知っているにも関わらず」

Yoran は、インシデントの防止のみに投資する従来型のセキュリティを「過去にしがみついた」セキュリティと表現し、「我々には、エンドポイントの理解と共に、ネットワークを完全に可視化することが求められており、セキュリティの将来の鍵は、全体像を理解する『包括的な可視性』に依存している」という点を強調した。

さらに彼は、サイバーセキュリティにおける「敵」に関して、「彼らのほうが優れた技術を持っているのではない。彼らはよりクリエイティブで忍耐強く、執着心が強く、明確に定めた標的だけをひたすらに求めている」との見解を示し、そのような攻撃者たちに対応できる「ハンター」を育成する組織文化の必要性を訴えた。セキュリティ業界は、人間の知的なクリエイティブさを重視するべきだと彼は説く。

Yoran は「(セキュリティ専門家の)人材不足のことは分かっているが、うだうだと文句を言わない!」と前置きしたうえで、「セキュリティの人材に豊かな発想を与えるためには、彼らの邪魔をしないこと、彼らの好奇心や興味を育てること」が重要だと説明している。

人々にセキュリティを学ばせるための機会を与える政府のポリシーも必要だと語った Yoranは、「サイバーワールドは危険な場所だが、それを避けることは不可能である」「我々の業界は目覚めなければならない」と結んだ。
《江添 佳代子》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

    Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  2. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

    自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  3. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

    [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  4. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  5. プライバシーに配慮したセキュアな位置情報確認アプリを防災訓練の見える化に活用(サイバートラスト、ユビキタス)

  6. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  7. [DEF CON 22 レポート] binja DEFCON22 CTF参戦レポート

  8. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  9. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  10. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

  11. 決勝戦はプラハ、セキュリティ人材育成コンテスト優勝者に教育資金1万ドル(カスペルスキー)

  12. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  13. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  14. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  15. [Black Hat USA 2015] 来場者の女性が言われる言葉 ~ ジェンダーをテーマとした初のパネルが開催

  16. CODE BLUE 2015 セッションレポート 第2回 「さまざまな事例から見る、諜報機関のフィクションによる印象操作(リチャード・シーム氏)」

  17. CODE BLUE 2015 セッションレポート 第1回 「21世紀の途上国にならないために ~ シンギュラリティがやってくる (神戸大学名誉教授 松田 卓也 氏) 」

  18. Twitterから災害状況を地区別に要約する事を可能としたシステムを参考展示(NICT)

  19. 垣根を越えてセキュリティを語り尽くす、山口英氏追悼カンファレンス開催(SGR2016実行委員会)

  20. CODE BLUE 第 3 回をふりかえって~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×