2016.07.24(日)

攻撃元などのインテリジェンスを提供する新サービス、個別レポートも(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは2月16日、攻撃元情報の提供を行う新サービス「DeepSight Intelligence services」を同日より日本において提供を開始したと発表した。同サービスは、Symantec Global Intelligence Networkからのテレメトリ情報と、DeepSight Intelligenceチームによる精密な解析を組み合わせ、顧客が必要とするサイバー攻撃者情報、手口、キャンペーン、被害状況まで、脅威に関するあらゆる情報を提供するもの。

同サービスには、Managed Adversary and Threat Intelligence(MATI)とDirected Threat Researchの2つのソリューションが含まれる。MATIは、攻撃者の動向を監視することによる、脅威のライフサイクルを予測する能力に長けており、攻撃者の正体とその動機に焦点を当てた考察が特長。エグゼクティブ、セキュリティアナリスト、およびネットワーク担当者を支援するための戦略的かつ戦術的なインテリジェンスを提供する。

またDirected Threat Researchは、企業に固有の疑問や要望に対して個別のレポートを提供するもので、豊富な経験を利用できるシマンテックのインテリジェンスアナリストチーム、およびSymantec Global Intelligence Networkから収集した知見、モニタリングに基づいた脅威のライフサイクルの予測が特長で、経営幹部や脅威アナリスト、ネットワークセキュリティ担当者をサポートする戦略的・戦術的インテリジェンスを提供する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

    カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  4. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  5. パブリッククラウド上の個人情報保護に特化した「ISO27018」取得コンサル(LRM)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  8. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  9. 「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリを提供開始(サイボウズスタートアップス)

  10. テーマ・プラグインを含む「WordPress」の脆弱性スキャン、当面は無料で提供(ウォルティ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×