データ保護の観点からセキュリティ対策を支援するアセスメントを提供(日本オラクル)

2016年2月12日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本オラクルの執行役副社長でありクラウド・テクノロジー事業統括である三澤智光氏の画像
日本オラクルの執行役副社長でありクラウド・テクノロジー事業統括である三澤智光氏
データ保護の観点からセキュリティ対策を支援するアセスメントを提供(日本オラクル)の画像
データ保護の観点からセキュリティ対策を支援するアセスメントを提供(日本オラクル)
データ保護の観点からセキュリティ対策を支援するアセスメントを提供(日本オラクル)の画像
データ保護の観点からセキュリティ対策を支援するアセスメントを提供(日本オラクル)
日本オラクル株式会社は2月10日、「Oracle Database」の導入企業向けに、サイバーセキュリティ対策をデータ保護の側面から支援する「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」の提供を同日より開始したと発表した。同社の執行役副社長でありクラウド・テクノロジー事業統括である三澤智光氏は、最近のセキュリティインシデントの状況を示し、従来の境界防御を中心としたネットワークセキュリティは「多段防御」であり、中心部の防御が欠落していると指摘した。

オラクルはこの現状に対し、データを中心とした「多層防御」のセキュリティを提供するとした。具体的には「一般ユーザの権限分割、アクセス制御」(Real Application Security)、「脆弱性からの保護」(SPARC M7 Silicon Secured Memory)、「監査・監視」(Audit Vault and Database Firewall)、「DB管理者の権限分割、アクセス制限」(Database Vault)、「データの暗号化」(Advanced Security)というソリューションとなる。

今回の「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」は、80%のITシステムがデータベースに対するセキュリティ対策をしていないことや、多層防御の中でもっとも脆弱だがリソースが割かれていないという背景から、データベースのセキュリティ対策を可視化するもの。企業が保有する顧客データや、業務プロセス、セキュリティ・ポリシーなどに対する掘り下げた分析を行い、リスクを回避するために企業が取りうる、実行可能な手法を提示するものとなっている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
クラウド時代の暗号化新製品など、データ中心のセキュリティに注力(日本オラクル)

日本オラクルは、企業・組織のデータ保護における暗号化の新製品「Oracle Key Vault」の国内提供を開始した。

icon
データ保護を主眼としたセキュリティソリューションを提供(日本オラクル)

日本オラクルは、同社のセキュリティに対する最新の取り組みについて発表した。

icon
「Java SE 8」「Java ME 8」を発表、統合に向けた取り組みも進む(オラクル)

 オラクルは米国時間3月25日、「Java Platform, Standard Edition 8(Java SE 8)」「Java Platform Micro Edition 8(Java ME 8)」、およびJava Embedded関連製品を発表した。

icon
東芝グループ約20万の社員が利用するプライベート・クラウド基盤を構築(日本オラクル)

 日本オラクルは1月14日、東芝に、オペレーティング・システム「Oracle Solaris」が稼働する「SPARC」サーバを納入したことを発表した。東芝は本サーバを利用し、東芝グループ約20万の社員が利用するプライベー...

icon
移動体コアネットワーク向け認証システムを増強のためKDDIが世界で初めて「Oracle SuperCluster T5-8」を採用(日本オラクル)

 日本オラクルは10月8日、KDDIが世界で初めてオラクル「Oracle SuperCluster T5-8」を採用したことを発表した。移動体コアネットワーク向け認証システムを増強するのが目的で、システムの本格稼働は2013年11月か...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト