2016.06.01(水)

ログデータの相関分析により内部不正の予兆を検知(エルテス)

経済社会 新製品・新サービス

 エルテスは9日、ログデータの相関分析により“内部不正の予兆”を検知するサービス「インターナルリスク・インテリジェンス」を新たに開始した。

 「インターナルリスク・インテリジェンス」では、企業ごとにリスク要因や不正行為に繋がると想定される行動パターンを定義し、相関分析することで人の動きを捉え、不正の予兆を、事前に検知することを可能とした。「抑止型」(研修やフィルタリング)や「事後対応型」と異なる手法で、課題解決を図る。

 分析対象となるログデータは、暗号化を行った上でエルテスのサーバー(分析システム)に集約。どのデータソースからどのようなデータ(項目)が取得できるかを確認し、どんなリスクの発見を重視するかを決定。「通常業務」「不審な行為」「社則による禁止事項」などから、データの種類(リスク高~低)や不正行為に繋がる行動パターンを定義づけする。

 運用では、アナリストが分析・監視を行う。将来的にはAI(人工知能)活用も視野に入れる。分析結果として、抽出したイベントにより、リスクを通知。たとえば、「転職サイトの閲覧」「顧客リストのコピー」「クラウドへのアクセス」など、具体的な行動の組み合わせで、危険度の高いイベントが発生した際には、電話もしくはメールにて緊急通知を実施する。全体の統計結果や個別の行動の分析結果は月次報告する。費用は月額50万円より。

情報漏えいにつながる内部不正を“事前”に検知……エルテスが新サービス

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

    預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  3. 星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

    星澤氏を迎え新たにラボを設置、コンサルとインテリジェンスを提供(PwC)

  4. 短期間でセキュリティを強化する中堅・中小向け「マイナンバー安心セット」(NEC)

  5. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  6. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  7. 情報漏洩防止ソフト「時限くん ver2.0」を発売開始、大規模環境向けのEnterprise版を新たに追加(エヌ・エス・イー、アイ・エックス・アイ)

  8. 「Dragon 7 Network Sensor」を利用したIDSセキュリティ監視サービスを提供開始(ラック)

  9. 若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)

  10. Mac用の指紋認証付きUSBメモリと対応ログインソフトを販売開始(アクト・ツー)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×