ログデータの相関分析により内部不正の予兆を検知(エルテス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.21(土)

ログデータの相関分析により内部不正の予兆を検知(エルテス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エルテスは9日、ログデータの相関分析により“内部不正の予兆”を検知するサービス「インターナルリスク・インテリジェンス」を新たに開始した。

 「インターナルリスク・インテリジェンス」では、企業ごとにリスク要因や不正行為に繋がると想定される行動パターンを定義し、相関分析することで人の動きを捉え、不正の予兆を、事前に検知することを可能とした。「抑止型」(研修やフィルタリング)や「事後対応型」と異なる手法で、課題解決を図る。

 分析対象となるログデータは、暗号化を行った上でエルテスのサーバー(分析システム)に集約。どのデータソースからどのようなデータ(項目)が取得できるかを確認し、どんなリスクの発見を重視するかを決定。「通常業務」「不審な行為」「社則による禁止事項」などから、データの種類(リスク高~低)や不正行為に繋がる行動パターンを定義づけする。

 運用では、アナリストが分析・監視を行う。将来的にはAI(人工知能)活用も視野に入れる。分析結果として、抽出したイベントにより、リスクを通知。たとえば、「転職サイトの閲覧」「顧客リストのコピー」「クラウドへのアクセス」など、具体的な行動の組み合わせで、危険度の高いイベントが発生した際には、電話もしくはメールにて緊急通知を実施する。全体の統計結果や個別の行動の分析結果は月次報告する。費用は月額50万円より。

情報漏えいにつながる内部不正を“事前”に検知……エルテスが新サービス

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 各社Webブラウザが「SHA-1」のSSL/TLSサーバ証明書使用サイトに警告表示(フィッシング対策協議会)

    各社Webブラウザが「SHA-1」のSSL/TLSサーバ証明書使用サイトに警告表示(フィッシング対策協議会)

  2. サイバー情報共有の協定を締結、NATOのサイバーセキュリティ体制を強化(ファイア・アイ)

    サイバー情報共有の協定を締結、NATOのサイバーセキュリティ体制を強化(ファイア・アイ)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. トレンドマイクロのセキュリティ技術でネット家電も保護する無線LANルータ(エレコム)

  5. 国内セキュリティ市場は前年比4.0%増の2,807億円、2020年には3,359億円に(IDC Japan)

  6. 優先度の高いセキュリティ対策に絞った「セキュリティスターターパック」(オージス総研)

  7. 画面にウォーターマークを表示することで、撮影による内部犯行を抑止(デジタルアーツ)

  8. 育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン)

  9. 「JP1」や「VMware NSX」対応など「拡散活動検知ソフトウェア」を機能強化(日立)

  10. 米Menlo社の「ACR」を活用した分離環境のマルウェア対策クラウドサービス(IIJ)

全カテゴリランキング

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×