子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的としたサポートサービスを共同開発(FULLER、KDDI)

2016年1月29日(金) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの安全なスマホ利用促進…FULLERとKDDIが共同開発

スマホスピタル for Familyの画像
スマホスピタル for Family
スマホスピタル for Familyの特徴の画像
スマホスピタル for Familyの特徴
 FULLERとKDDIが、子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的とした子ども向けスマホサポートサービスを共同開発した。FULLERがベース開発したスマホ利用管理アプリ「スマホスピタル for Family」を、KDDIの子ども向け端末「miraie」へ提供するという。

 FULLERはこれまで、10代後半~20代を中心とした若者向けに、近年深刻化するスマホ端末機能の複雑化や、スマホの使い過ぎといった社会問題解決を目的に「スマホスピタル for Family」の原型となる「スマホスピタル」をはじめとした複数の端末管理アプリを提供してきた。

 一方KDDIは、子どもの安全なスマホ利用推進のために、スマホ利用時間やアプリの制限、電話帳登録の制限、防犯ブザーと連動する位置情報取得、不適切な言葉の入力を警告するあんしん文字入力といった機能を掲載した子ども向け端末「miraie」を2015年1月より提供開始している。

 今回両社は、子どものスマホ利用の更なる安全性向上を図ることを目的に、子ども向け端末「miraie」の新たな機能として子ども向けスマホサポートサービス「スマホスピタル for Family」を共同で開発。サービスを利用することで、アプリの使い方について親子でルールを設定し、達成度を一緒に確認することができる。また、ルールを守れた時には子どもにスタンプを送信して褒めることができ、子どもに楽しくスマホ利用の自己管理習慣を身につけさせることができるという。

 スマホスピタル for Familyを利用するには、子ども向け端末miraieへ無料のアプリをダウンロードし、保護者の端末(au)で月額372円(税別)のauスマートパスへの加入が必要となっている。
《畑山望@リセマム》

注目ニュース

icon
LINEに関してよく利用する母親と利用しない母親が2極化、子どもの携帯電話に関する調査結果を発表(MMD研究所)

 MMD研究所は10日、「子どもの携帯電話に関する調査」の結果を発表した。調査期間は7月30日~8月4日で、20~49歳の母親9,352人から回答を得た。

icon
教師と子ども・保護者の間で情報共有できる閉鎖型SNSを日本で本格展開、ネットいじめ対策に活用(Classting Inc.)

 Classting Inc.は、教師と子ども・保護者の間で意見や資料などを共有できる閉鎖型SNS「CLASSTING」を日本で本格展開している。「CLASSTING」は子どものネットいじめ対策などに利用されており、サービス加入者は...

icon
子どものスマートフォン、フィルタリングサービスに「加入していない」が36.7%に(東京都)

 子どもにスマホを持たせるにあたり6割以上が「依存してしまう」ことに不安を感じていることが、東京都が行った調査からわかった。また、保護者の課題として、スマホに関する「知識習得」や「親子のコミュニケー...

icon
家庭でのスマートフォン利用、約半数がウィルス対策もフィルタリングも実施せず(イーランチ)

 保護者がスマートフォンやタブレットを多く利用するほど、子どものスマホ利用時間も増える傾向にあることが、NPO法人e-Lunch(イーランチ)の調査結果からわかった。週2日以上スマホを利用する2歳児は、ほぼ半...

icon
子どもの安全を考慮した検索機能などを開発、YouTubeやChromeも対象に(Google)

 Googleの副社長(技術担当)Pavni Diwanji氏は、同社が12歳以下の子どもの安全を考慮した検索機能などを開発すると米紙USA TODAYに明らかにした。子どもの利用者が多いYouTubeやChromeも開発対象になるようだ。

icon
クレジットカードを使った子どものスマートフォンゲームについて注意喚起(JOGA)

 日本オンラインゲーム協会(JOGA)は5月30日、クレジットカードを使った子どものスマートフォンゲームについて注意喚起する啓蒙キャンペーンを実施、保護者にカードの管理徹底などを呼びかけている。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト