2016.07.23(土)

子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的としたサポートサービスを共同開発(FULLER、KDDI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 FULLERとKDDIが、子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的とした子ども向けスマホサポートサービスを共同開発した。FULLERがベース開発したスマホ利用管理アプリ「スマホスピタル for Family」を、KDDIの子ども向け端末「miraie」へ提供するという。

 FULLERはこれまで、10代後半~20代を中心とした若者向けに、近年深刻化するスマホ端末機能の複雑化や、スマホの使い過ぎといった社会問題解決を目的に「スマホスピタル for Family」の原型となる「スマホスピタル」をはじめとした複数の端末管理アプリを提供してきた。

 一方KDDIは、子どもの安全なスマホ利用推進のために、スマホ利用時間やアプリの制限、電話帳登録の制限、防犯ブザーと連動する位置情報取得、不適切な言葉の入力を警告するあんしん文字入力といった機能を掲載した子ども向け端末「miraie」を2015年1月より提供開始している。

 今回両社は、子どものスマホ利用の更なる安全性向上を図ることを目的に、子ども向け端末「miraie」の新たな機能として子ども向けスマホサポートサービス「スマホスピタル for Family」を共同で開発。サービスを利用することで、アプリの使い方について親子でルールを設定し、達成度を一緒に確認することができる。また、ルールを守れた時には子どもにスタンプを送信して褒めることができ、子どもに楽しくスマホ利用の自己管理習慣を身につけさせることができるという。

 スマホスピタル for Familyを利用するには、子ども向け端末miraieへ無料のアプリをダウンロードし、保護者の端末(au)で月額372円(税別)のauスマートパスへの加入が必要となっている。

子どもの安全なスマホ利用促進…FULLERとKDDIが共同開発

《畑山望@リセマム》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  3. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

    独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

  4. カメラ前で立ち止まらずに顔認証を実施し不正入場を防止、東京オリンピックでの導入を提案(NEC)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  7. ネットワーク構成図を自動生成、脆弱性による影響範囲なども付加し可視化(富士通システムズ・イースト)

  8. 「ポケモンGO」に関する注意喚起、ハッカーへの警戒や出会い系アプリに発展する危険性なども記載(NISC)

  9. OECDプライバシーガイドラインの日本語訳を公開(JIPDEC)

  10. 横浜にサイバーインテリジェンスセンター開設(デロイト トーマツ リスクサービス)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×