2016.07.31(日)

「WideAngle」のSIEMを機能強化、脅威レベルの自動判定を可能に(NTT.Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT.Com)は1月28日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービス運用基盤(SIEM)において、企業ICT環境へのサイバー攻撃に対する人工知能(機械学習)の検知・分析力を大幅に強化すると発表した。同社は2015年10月より、リスクアナリストの分析業務を支援する人工知能による分析機能を独自開発し、マネージドセキュリティサービスのSIEMへの実装を進めてきた。

同社は「WideAngle」の人工知能基盤へ2つの機能を2月10日より実装し、高度なサイバー攻撃の検知率をさらに高める。これにより、攻撃を受けた場合の報告内容の高度化や対応の迅速化を実現し、情報漏えいリスクを大幅に低減する。具体的には、顧客企業のIT機器で取得したエンドポイント情報から、セキュリティ脅威レベルを自動判定する。また、情報漏えいの重篤度に対して最適な対処法をリスクアナリストが迅速に判断し、最適なセキュリティ対策を即時に通知する。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

    Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  2. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

    Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  3. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  4. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  5. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  6. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  7. サイトの閲覧を制限するPS4向けのWebセキュリティサービスを提供開始(トレンドマイクロ)

  8. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  9. 「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を店頭発売(トレンドマイクロ)

  10. スパイウェア対策を強化した「TKCウィルス対策プログラム」16万本を無償で提供(TKC)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×