シンガポールにサイバーセキュリティ・ファクトリーを新設(NEC)

2016年1月28日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
シンガポールのサイバーセキュリティ・ファクトリーの画像
シンガポールのサイバーセキュリティ・ファクトリー
日本電気株式会社(NEC)は1月27日、サイバー攻撃対策の導入・運用を支援する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」をシンガポールに開設し、グローバルなセキュリティ監視ネットワークを強化したと発表した。2014年に日本で開設したサイバーセキュリティ・ファクトリーに次ぐものとなる。

日本の同施設では、セキュリティ専門要員によるネットワークやWebサイトの24時間監視、マルウエアや情報漏えいの調査、セキュリティ要員を養成する演習などを提供している。今回新設したシンガポールにおいても、日本の同施設と協働してサイバー攻撃の脅威情報を共有、顧客に24時間の安全を提供する予定だという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
官庁、自治体、金融機関向けに統合型メールソフトを発売(NEC)

NECは、中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を発売した。

icon
AI技術を活用し社会インフラや企業システムへの未知のサイバー攻撃を自動検知(NEC)

 日本電気(NEC)は10日、人工知能(AI)技術を活用し、社会インフラや企業システム等に対する未知のサイバー攻撃を自動検知する「自己学習型システム異常検知技術」を開発したことを発表した。

icon
中小企業向け「マイナンバー安心セット」でセキュリティ強化したファイルサーバの短期間導入を実現(NEC)

 日本電気(NEC)は18日、中堅・中小企業向け人事・給与システムセキュリティ「マイナンバー安心セット」に、「機密ファイル保管サーバセット」を追加した。同日より販売を開始する。

icon
巧妙化するサイバー攻撃に対し、侵入前提の多層防御を協業により推進(NEC、日本マイクロソフト)

NECと日本マイクロソフトは、マイクロソフトの「Active Directory」へのセキュリティ対策において協業し、企業向け高度セキュリティ向上サービスを提供する。

icon
2015年の「CYDER」を開始、6回以上を実施予定(NTT.Comほか)

NTT Com、日立製作所およびNECは、総務省から受託した「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環として、今年度第1回目の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を開始した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト