2016.08.25(木)

IoT機器向けに、TLSでの認証時間を1/5にする技術を産学で開発(富士通研究所)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社富士通研究所は1月19日、国立大学法人東京大学(東京大学)、学校法人東邦大学(東邦大学)と共同で、IoT機器向けにPCなどで広く用いられる公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、同等の暗号強度をもつ従来方式と比較して約5分の1に短縮する認証技術を開発したと発表した。核となる認証付き鍵交換方式の処理負荷を軽減し、さらに演算処理を高速化することでTLSへ組み込み可能な認証技術を開発したという。

今回、実現する機能をTLSに必要な認証と鍵交換に限定し、処理量の少ない認証付き鍵交換方式を導入するとともに、最初にIDを通知する仕組みを考案して効率的な通信手順を実現した。IDベース暗号における効率の良い認証付き鍵交換方式をTLSに適用するのは世界初となる。また、鍵交換処理において、類似した演算が何度も行われることが分かったことから、これらをまとめて実行可能にする方式を考案し、IDベース暗号における鍵交換処理の高速化を実現した。今後は、富士通研究所は2017年度の実用化を目指し、東邦大学とともに本技術を適用したIEEE 1888通信ソフトウェアをGUTP参加団体へ提供、適用拡大を図るとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

    「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

  2. 脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

  3. 組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

    組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

  4. 地銀・信金・労金向けに物理とITのセキュリティ管理・教育をワンストップ提供(ALSOK)

  5. 暗号処理にかかるエネルギーを50%以上削減、IoT機器の次世代ネットワークの安全性向上に期待(東北大学、NEC)

  6. ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント)

  7. テロを助長するアカウント23.5万件停止(Twitter)

  8. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  9. 非認可の不正APや不正デバイスを検知し遮断、Wi-Fiセキュリティセンサーを販売開始(レンジャーシステムズ)

  10. メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ)

  11. セキュリティは「費用」でなく「投資」、内閣サイバーセキュリティセンター方針(NISC)

  12. 台風に備え「避難」や各種災害情報に関する基本を整理

  13. 国際的犯罪組織のリーダー逮捕にトレンドマイクロの調査を活用(トレンドマイクロ)

  14. ワークスがISO27017認証を取得、国内クラウドERPベンダとして初(LRM)

  15. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  16. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  17. 賃貸物件の所有者、入居者の個人情報約19万件がP2Pネットワーク上に流出(リロケーション・ジャパン)

  18. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  19. 3プランの「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」を提供開始(NHN テコラス)

  20. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×