最高裁判所および知的財産高等裁判所がマジコンによる被害を明確に認める(任天堂)

2016年1月20日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂のマジコン裁判、最高裁でも勝訴が確定 「ゲーム業界全体にとって極めて重要な判決」

任天堂 公式サイトよりの画像
任天堂 公式サイトより
 の画像
 
任天堂は、マジコンの輸入業者と争っていた裁判で、最高裁でも勝訴したと発表しました。ニンテンドーDS向けのマジコンと呼ばれる機器を巡る裁判では、三審とも任天堂の主張が認められた形です。

ニンテンドーDS向けなどに流通しているマジコンと呼ばれる非正規品では違法コピーしたゲームソフトの起動が可能となります。これまでも任天堂は、マジコンを販売する業者らに対し、不正競争防止法に基づく同行為の差止・損害賠償を求める訴訟を行っていました。

なお、2009年2月の時点で東京地方裁判所がマジコンの販売禁止を命じたほか、2013年7月には本最高裁判決まで続く差止などを求める訴訟に判決が出されていました。2014年6月には一部の被告より控訴が行われましたが、知的財産高等裁判所は任天堂の主張を認め、控訴を棄却する判決が下されています。

さらに控訴審判決に対し、一部の控訴人より上告受理の申し立てが行われましたが、2016年1月12日付で最高裁判所 第三小法廷より上告を棄却するとの決定が下されました。これにより、マジコンの輸入販売行為の差止・マジコンに関して任天堂が受けた損害として、総額9562万5千円の損害賠償金の支払いを命じた第一審判決が確定することとなりました。

任天堂はこの決定に対し、最高裁判所および知的財産高等裁判所がマジコンによる被害を明確に認めたことが「正規ゲームソフトの販売業者である当社がマジコンの輸入販売行為により相当額の損害を被ったこと及びマジコンの輸入販売業者である被告が当社に対して上記の損害賠償責任を負うことを認めた点に画期的な意義があり、ゲーム業界全体にとって極めて重要な判決・決定であると認識している」とコメント。今後も継続して法的措置を講じるとのことです。
《すしし@INSIDE》

注目ニュース

icon

ソフォスのGraham Cluleyは、Miiverseのゴタゴタに関するブログの投稿で、今回の任天堂セキュリティ違反は比較的取るに足らないものだ、と指摘する。

icon
任天堂が海賊版ユーザーの締め出しを開始した可能性、オンラインコンテンツに制限も

任天堂が海賊版ユーザーの締め出しを開始した可能性があることを海外ユーザーが報告しています。

icon
ニンテンドー3DSの本体更新を実施、マジコンの機能を制限する対策も(任天堂)

2月3日にニンテンドー3DSの本体更新が実施され、現行バージョンが9.5.0-22Jになりました。

icon
Wii Uのエンドユーザーライセンスに困惑の声、拒否したいユーザーは為す術なく

任天堂が海外で最近更新したWii Uのエンドユーザーライセンス(EULA、End-User License Agreement)に困惑の声が上がっています。

icon
「マジコン」をネットで販売、中国から発送していた男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、千葉県警サイバー犯罪対策課と船橋署は、マジコンをインターネットを通じて販売した国外在住の会社員男性を不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト