マルウェア「Brain Test」がGoogle Playストアのアプリ13件で再度検出(Lookout) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.04(日)

マルウェア「Brain Test」がGoogle Playストアのアプリ13件で再度検出(Lookout)

脆弱性と脅威 脅威動向

 セキュリティ企業のLookoutは12日、マルウェアの一種である「Brain Test」が、Google Playストアのアプリ13件で、再度検出されたことを公表した。

 「Brain Test」の一部亜種はルート化権限の取得を試みるほか、ルート化された端末では出荷時設定にリセットしても端末から削除できないように動作するという。「Brain Test」が混入したアプリは、昨年10月にも発見されており、一度はストアから排除されたが、今回ふたたび発見されることとなった。

 これらのアプリは、マルウェアの開発者によって製作されたと見られている。アプリの一部は数十万件以上ダウンロードされており、4つ星以上の人気を誇っていた。これは、一見しただけではマルウェアと判別できず、利用者によっては“優良なアプリ”と誤認していることを意味している。

 Lookoutでは、2015年12月29日にBrain Testのマルウェアが混入したアプリ13件を発見した。これらは同じ開発者によって設計されており、Googleは即座に削除を行ったとのこと。

Google Playストアで人気のゲーム、マルウェアだった

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. マルウェア「Mirai」などに感染したIoTボットネットによるDDoS攻撃に注意(JVN)

    マルウェア「Mirai」などに感染したIoTボットネットによるDDoS攻撃に注意(JVN)

  2. 最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

    最大623GbpsのDDoS攻撃を記録、手法はIoTボットネット(アカマイ)

  3. Linux カーネルにおいて競合状態制御の不備により権限を昇格されてしまう脆弱性 (Dirty Cow)  (Scan Tech Report)

    Linux カーネルにおいて競合状態制御の不備により権限を昇格されてしまう脆弱性 (Dirty Cow) (Scan Tech Report)

  4. [Internet Week 2016] 厳選セキュリティセッション 第4回 「サイバー攻撃2016 ~正しく見抜いて対策へ~」中津留 勇 氏と品川 亮太郎 氏

  5. Webサイトの改ざん報告が増加、さらなる攻撃のための前調査の可能性も(JPCERT/CC)

  6. Amazonを騙るフィッシングメールを確認、違和感のある日本語本文(フィッシング対策協議会)

  7. 国内のオープンリゾルバ等を使ったDNS水責め攻撃が再開--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  8. 「ntpd」にDoS攻撃を受けるなど複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. ログイン“試行”なのにパスワード変更を要求、「NEXON」フィッシング(フィッシング対策協議会)

  10. 細工されたPDFにより、サーバ上のセンシティブな情報を窃取される可能性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×