不正アクセスにより顧客情報が漏えい、恐喝被害も(アークン)

2016年1月14日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ会社が情報漏えいし、恐喝被害に

「アークン」サイトの画像
「アークン」サイト
同社による告知ページの画像
同社による告知ページ
 セキュリティ企業のアークンは13日、同社の顧客情報の漏えいにともない、恐喝被害に遭ったことを明らかにした。

 何者かが、同社のバックアップサーバに不正アクセスし、顧客企業リストの一部を窃取。「要求額の金銭を支 払わなければ当該情報を公開する」と恐喝する匿名の封書を、1月4日に受け取ったという。実際に不正アクセスの痕跡が確認されたため、警察および外部の専門機関の協力を得て、事実関係の調査および再発防止に向けた対応を開始したとのこと。

 窃取された可能性が判明している企業は3,859社で、会社名、担当者名、メールアドレス、電話番号、住所の5項目が漏えいの可能性がある。情報の窃取とは別に、3社のアカウントへの不正アクセスの痕跡も確認されている。

 現在、不正アクセスを受けたシステムに対し、侵入原因と被害範囲の調査を実施中。さらに他システムに対しても、全面的な調査を行っている。同社では被害対象の企業に謝罪の手紙と500円のクオカードを送る予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
「Joomla!」使用Webサイトに、PHPの脆弱性の有無を調べる不正アクセス(警察庁)

警察庁は、「Joomla!」を使用したWebサイトに対するPHPの脆弱性を標的とした不正なアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

icon
「シネマイクスピアリ」Webサーバに不正アクセス、2,432名の個人情報が漏えい(イクスピアリ)

 イクスピアリは1日、同社が「東京ディズニーリゾート」内で運営するシネマコンプレックス「シネマイクスピアリ」のWebサーバに対し、不正アクセスがあったことを発表した。2日より順次、対象への連絡と謝罪を行...

icon

三菱東京UFJ銀行は11月30日、会員制サイトのサービス運営者の預金口座入出金明細が漏えいし、記載されていた顧客の電話番号が架空請求詐欺に利用されていたことが判明したと発表した。

icon
7月の不正アクセスを受け一時中止していた公式サイトを再開(阪神高速サービス、スルーウェイカード)

10月14日、阪神高速サービスの公式ホームページとスルーウェイカード公 式サイトが公開を再開した。

icon
「ベビパラハッピーギフト」など4サイトに不正アクセス、13万件以上の個人情報流出の恐れ(千趣会、ベルネージュダイレクト)

 千趣会は15日、同社子会社のベルネージュダイレクトが運営するギフトECサイトに対し、第三者による不正アクセスがあったことを公表した。流出した可能性のある個人情報は、総件数131,096件におよぶとみられる。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト