2016.07.24(日)

今月上旬に続き「OMC Plus」を騙る新たなフィッシングサイトが出現(フィッシング対策協議会)

脆弱性と脅威 脅威動向

 フィッシング対策協議会は24日、セディナカード・OMCカード利用者向けネットサービス「OMC Plus」を騙る新たなフィッシング詐欺が出現したとして、注意を呼びかけた。

 それによると、「【重要:必ずお読みください】OMC Plus ご登録確認」というタイトルのメールが出回っているとのこと。24日18時時点では、フィッシングサイトが稼働していたため、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼したとしている。

 「OMC Plus」を騙るフィッシング詐欺は、過去に複数現れており、今月上旬にも詐欺サイト「http://●●●●cedyna.com/register/sub.aspx」が出現、同協議会が注意を呼びかけていた。今回発見されたサイトは、それとは異なるURL「http://www.●●●●cedyna.com/」を用いている模様。

 メール本文は日本語で、「第三者によるアクセスを確認しました」として、IDの変更を呼びかけ偽サイトに誘導し、カード番号、セキュリティコード、登録者名などを入力させる内容となっている。

 セディナおよび同協議会では、このようなフィッシングサイトで、カード番号、偽造防止コード、登録名、生年月日、電話番号、PCのメールアドレス、携帯のメールアドレス、OMC Plus ID、パスワードなどを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

「OMC Plus」を騙るフィッシング詐欺、新たなサイトが出現

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

    位置情報連携型ゲームのプレイにおける注意喚起、個人情報の流出や非正規アプリも(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、TCA)

  3. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

    トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  4. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  5. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  6. 「WAONサービスアプリ」にSSLサーバ証明書検証不備の脆弱性(JVN)

  7. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  8. OracleがJavaのセキュリティアップデートを公開、至急の適用を(IPA)

  9. 「ASN1C」で生成したソースコードにバッファオーバーフローの脆弱性(JVN)

  10. BIND 9.xにDNSサービスが停止する脆弱性、アップデートを推奨(JPRS)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×