2016.06.28(火)

デジタルサイネージソリューションに災害時の緊急情報を自動で配信・表示させる機能を追加(日立、日立ケーイーシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日立製作所(日立)と日立ケーイーシステムズ(日立ケーイー)は19日、両社のデジタルサイネージソリューションに、災害時の緊急情報を自動で配信・表示させる機能を追加し、12月1日より新サービスとして提供することを発表した。

 両社のデジタルサイネージソリューション「MediaSpace」は、インターネットを介して映像コンテンツをデジタルサイネージに配信できることを特徴としていたが、今回の機能追加により、公共スペースでの迅速な災害対応を可能にしてくれる。

 自動配信される緊急情報は、総務省が普及・促進している災害情報共有システム「Lアラート」で、具体的には、市区町村が発する避難勧告・指示、都道府県や消防庁、気象庁が発する災害・防災情報など。

 また、日立が提供する自治体ソリューション「ADWORLD 災害情報一元配信システム」と連携させることで、Lアラートで配信される情報をデジタルサイネージの設置場所に応じてセレクトして配信・表示させることもできる。

 なお、秦野駅改札付近に設置される大型デジタルサイネージ(秦野市観光協会による運用)において12月1日より同サービスが運用開始される。通常時は、観光情報などを表示し、大雨や台風などの災害発生時には緊急情報が表示されるという。

 想定する導入先は、主に交通機関や公共施設など多くの人が集まる場所に設置されるデジタルサイネージで、災害発生時の安全の確保などを目的としている。

災害情報をデジタルサイネージに自動表示する新サービスを発表……日立など

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  2. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  3. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

    ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  4. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  5. 静岡大学と共同開発した教員向け「情報モラル診断サービス」に教育委員会向け管理機能を追加(カスペルスキー)

  6. パスコードロックを全ユーザーに適用(Evernote)

  7. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

  8. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  9. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  10. 偽造医薬品の対策として肉眼では見えない透かしを印刷しスマートフォンで真贋を判別(電通国際情報サービス)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×