2016.07.26(火)

マイナンバーのセキュリティ対策担当は「総務部門」が半数、懸念も(デジタルアーツ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

デジタルアーツ株式会社は9月17日、「企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査」の結果を発表した。同調査は8月28日から30日、全国の企業に勤めるマイナンバーを担当する20歳以上の就業者を対象に実施したインターネット調査。有効回答数は912。調査結果から、マイナンバーのセキュリティ対策を主に担当している部門は、「総務部門」(50.7%)がもっとも多く、「人事部門」(15.4%)、「経理部門」(7.5%)、「情報セキュリティ部門」(6.7%)と続いた。

マイナンバーのセキュリティにおける懸念事項では、「自社の従業員の人為的ミスによる情報流出」(62.0%)、「自社への外部からのサイバー攻撃による情報窃取」(43.8%)、「自社の従業員による情報の持ち出し」(32.1%)が挙げられた。一方で現時点での対策状況は「情報収集段階」(37.0%)、「対応策の検討・構想策定」(28.0%)、「対策の実行中」(11.6%)であり、具体的な対策として、「人事給与システムの導入・改修」(48.5%)、「従業員への情報セキュリティ教育」(34.4%)、「社内のセキュリティに関するルールの策定」(34.2%)などを検討していることがわかった。ただし、「既に実施済み」は6.7%にとどまり、もっとも多かった回答は「12月末までに完了及び完了予定」(69.0%)であった。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  2. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  3. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

    脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  4. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  5. CASB、EDR、リモート・ブラウザ、Deception… ~ 重要セキュリティ技術トップ 10 発表(ガートナー)

  6. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  7. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  8. 行政機関および独法等の個人情報管理状況、ほぼすべてが対応済み(総務省)

  9. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  10. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×