Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開(アドビ)

2015年5月14日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
アドビによるセキュリティアップデート情報の画像
アドビによるセキュリティアップデート情報
米Adobe Systems(アドビ)は5月12日(米国時間)、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデート(APSB15-10)を発表した。これは、5月8日に同社が事前情報として発表していたもの。対象となるのは、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Reader XI(11.0.10)9およびそれ以前」「Adobe Reader X(10.1.13)およびそれ以前」「Adobe Acrobat XI(11.0.10)およびそれ以前」「Adobe Acrobat X(10.1.13)およびそれ以前」。

これらのバージョンには、解放後使用やヒープオーバーフロー、メモリ破損などが原因で、コード実行やDoS攻撃、情報漏えいなどの影響を受ける脆弱性が存在する。解消される脆弱性は、CVEベースで34件。アドビによる優先度の評価は「1」と、事前通知の「2」よりも高くなっている。また同社は「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートも合わせて公開している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「Adobe Reader」の新たな脆弱性に対し、事前通知を公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Reader」のセキュリティ情報(APSB15-10)を公開した。

icon
「Adobe Flash Player」のアップデートを公開、危険度の高い脆弱性を解消(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-05)を公開した。

icon
「Adobe Flash Player」のアップデートを公開、大がかりな脆弱性対応に(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-04)を公開した。このアップデートでは「CVE-2015-0313」の脆弱性に対応したほか、CVEベースで17件の脆弱性に対応している。

icon
「Adobe Flash Player」にまたも重大な脆弱性、事前通知を公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティ情報を公開した。この脆弱性は、悪用に成功するとシステムをクラッシュされたりシステムを乗っ取られる可能性がある。

icon
攻撃が発生している「Adobe Flash Player」の脆弱性にパッチを公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-03)を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト