2016.07.28(木)

情報漏えい対策に有効な、複合機のログを一元管理できる統合管理サービス(シーイーシー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シーイーシーは2月25日、同社が昨年12月に発表した、複合機のプリント、コピー、スキャンおよびファクスのログ管理を、マルチメーカー対応で一元的に実現するアプライアンスモデル製品「SmartSESAME M's eye connect box統合ログプラットフォーム」の提供を3月1日から開始すると発表した。同ログプラットフォームは、ネットワーク上の複合機の一元管理を、1台で実現するログ管理サーバ。

オフィス内の複合機を最大20台まで管理でき、ログの検索により、いつ・誰が・何を・どこからプリント、コピー、スキャン、ファクスしたのかを容易に確認できる。また、「部門別」「ユーザ別」など利用状況を見える化。使用ログを集計し、コスト管理に活用できる。本体にはインテル社製の軽量小型コンピュータを採用し、場所を選ばないコンパクトモデルとなっている。価格は初期費用が50万円から、月額費用が2万円から(ともに税別)。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  2. 「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

    「DDI」と「秘文」の連携でマルウェア感染拡大を防止(日立ソリューションズ、トレンドマイクロ)

  3. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  4. 鉄道施設内に「ポケモンGO」キャラクターが出現しないよう要請書を提出(鉄道事業者23社、一般社団法人社日本地下鉄協会)

  5. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  6. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  7. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  8. 立ち入り禁止区域に踏み込む危険性も、「ポケモンGOに関する注意喚起」を発表(総務省、消費者庁)

  9. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  10. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×