2016.07.01(金)

情報漏えい対策に有効な、複合機のログを一元管理できる統合管理サービス(シーイーシー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シーイーシーは2月25日、同社が昨年12月に発表した、複合機のプリント、コピー、スキャンおよびファクスのログ管理を、マルチメーカー対応で一元的に実現するアプライアンスモデル製品「SmartSESAME M's eye connect box統合ログプラットフォーム」の提供を3月1日から開始すると発表した。同ログプラットフォームは、ネットワーク上の複合機の一元管理を、1台で実現するログ管理サーバ。

オフィス内の複合機を最大20台まで管理でき、ログの検索により、いつ・誰が・何を・どこからプリント、コピー、スキャン、ファクスしたのかを容易に確認できる。また、「部門別」「ユーザ別」など利用状況を見える化。使用ログを集計し、コスト管理に活用できる。本体にはインテル社製の軽量小型コンピュータを採用し、場所を選ばないコンパクトモデルとなっている。価格は初期費用が50万円から、月額費用が2万円から(ともに税別)。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

    IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  3. マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

    マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

  4. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  5. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  6. 調査結果、原発事故や放射能への不安は文系・低所得層ほど拡大(慶應義塾大学)

  7. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  8. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  9. サイバー攻撃を受けた企業に対応費用などを補償するサイバー保険の取扱開始(ラック)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×