夏休み中に子どもたちがインターネットによるトラブルに巻き込まれないようフィルタリングの無料提供を開始(ALSI)

2014年7月20日(日) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休み期間中、フィルタリングソフトを無償提供 ALSI

「InterSafe Personal」紹介ページの画像
「InterSafe Personal」紹介ページ
 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は16日、パソコン用の閲覧制限ソフト(フィルタリング)の無料提供を開始した。

 夏休み中に子どもたちがインターネットによるトラブルに巻き込まれないようするのが目的で、9月30日まで希望者全員にサービス提供する(申し込み受付は9月1日午前10時まで)。

 無償提供製品は、家庭向けWebフィルタリングソフト 「InterSafe Personal(インターセーフ パーソナル)」。子どもにとって不適切な情報や画像のアクセスを制限できる詐欺サイトやウイルス感染など、セキュリティ上の脅威から守ることができる誹謗中傷など、不適切なインターネットへの書き込みを制限できる。

 同社では、夏休み期間フィルタリングソフト無償提供を、啓発活動の一環として以前より実施している。今年は、新たな取り組みとして、一般財団法人インターネット協会が作成した、インターネット利用時に知っておきたい「そのときの場面集」への執筆協力や、日本薬物対策協会主催の「国連 薬物乱用防止デー・イベント」への参加なども行っているとのこと。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
情報漏えい対策を多層的に導入している反面、運用面での課題も(ALSI)

ALSIは、従業員数1,000名以上の法人に勤めるシステム管理者を対象に実施した「第11回 組織でのインターネット利用実態調査」の結果を発表した。

icon
情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップ(ALSI)

ALSIは、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」をバージョンアップし、4月2日より発売開始すると発表した。

icon
Windows XPサポート終了に伴うPC保護対策方法をホワイトペーパーで公開(ALSI)

ALSIは、ホワイトペーパー「ALSI Security Division Technical Report」を公開した。

icon
アクセスログ分析ソフトをバージョンアップ、分析機能など強化(ALSI)

ALSIは、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のアクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」をバージョンアップし、発売した。

icon

警察庁と連携し海外の偽サイトによる被害拡大防止対策に協力(ALSI)他

RSS

特集・連載

ピックアップフォト