2016.06.28(火)

Windows DNSサーバの脆弱性を利用した攻撃について緊急情報を発表(JPRS)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は8月11日、Windows DNSサーバの脆弱性を利用した攻撃について緊急情報を発表した。Windows Server 2003、2008、2008 R2のWindows DNSサーバでは、NAPTRレコードの取り扱いに関する実装上の不具合により、攻撃者がその制御下にあるドメイン名においてNAPTRレコードを作成したうえで、特別に細工されたNAPTRレコードのDNS問い合わせを標的となるDNSサーバに送信することで、リモートからのDoS攻撃(Windows Server 2003の場合)、またはサーバ上における任意のコードの実行(Windows Server 2008および2008 R2の場合)が可能になる。

マイクロソフトでは、本脆弱性の総合的な深刻度を「重要」(Windows Server 2003の場合)または「緊急」(Windows Server 2008および2008 R2の場合)と評価している。なお、当該サーバにおいてWindows DNSサーバの機能が有効にされていない場合は、本脆弱性の影響を受けない。本脆弱性は「CVE-2011-1966」および「CVE-2011-1970」で登録されている。JPRSでは、「MS11-058:DNS サーバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2562485)」を参照し、セキュリティ更新プログラムの適用などを実施するよう呼びかけている。
(吉澤亨史)

http://jprs.jp/tech/security/2011-08-11-msdns-vuln-naptr-remote-code.html
《ScanNetSecurity》

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

    複数の「ひかり電話ルータ」および「ひかり電話対応機器」に重大な脆弱性(JVN)

  2. WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

    WordPress用プラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性(JVN)

  3. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  5. Apache Commons FileUpload のマルチパートリクエストの処理に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  6. コレガ製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  8. 「ntpd」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  10. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×