ファイル共有ソフトによる著作権法違反の一斉取締りを実施、44人を検挙(警察庁)

2016年2月22日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
警察庁は2月19日、ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反事件の一斉集中取締りの実施について発表した。2月16日から18日までの3日間、29府県警察により、ファイル共有ソフトを使用したアニメ、漫画、楽曲、映画などの著作物に関する著作権法(公衆送信権侵害)違反などの一斉集中取締りを実施。93箇所を捜索し、44人を検挙したという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
青少年のスマートフォンの利用状況や犯罪被害、非行の実態を紹介し保護対策について議論(警察庁)

 警察庁は、3月16日に警察政策フォーラム「青少年のスマホ利用のリスクと対策」をグランドアーク半蔵門で開催する。大学教授や精神科医、IT企業による基調講演とパネルディスカッションを行う。参加費は無料で事...

icon
特殊詐欺の認知件数、被害額が減少に転じる--年間レポート(警察庁)

警察庁は、2015年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。発表によると、2015年における特殊詐欺の認知件数は13,828件で、前年比で436件(3.3%)の増加、被害総額は476.8億円で同88.7億円の減少(-15.7%...

icon
Netisi社製およびD-Link社製のルータに対するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2015年12月期の「インターネット観測結果等」を発表した。

icon
「Redis」の脆弱性を狙いファイルのアップロードを試すアクセスを観測(警察庁)

警察庁は、オープンソースのNoSQLデータベースである「Redis」を標的としたアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

icon
「Joomla!」使用Webサイトに、PHPの脆弱性の有無を調べる不正アクセス(警察庁)

警察庁は、「Joomla!」を使用したWebサイトに対するPHPの脆弱性を標的とした不正なアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト