「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開、Ver.20に(アドビ)

2015年12月10日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開、Ver.20に(アドビ)の画像
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開、Ver.20に(アドビ)
米Adobe Systems(アドビ)は12月8日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-32)を公開した。これに合わせ、バージョンが20となった。本アップデートに対応する製品は、Windows版およびMacintosh版の「Adobe Flash Player 19.0.0.245およびそれ以前」「同18.0.0.261およびそれ以前」、Linux版の「Adobe Flash Player 11.2.202.548およびそれ以前」、Windows版、Macintosh版、Android版、iOS版の「Air 19.0.0.241およびそれ以前」などとなっている。

このアップデートでは、CVEベースで77件の脆弱性に対応した。これらの脆弱性が悪用されると、システムをクラッシュされたり乗っ取られるなどの影響を受ける可能性がある。なお、アドビでは本アップデートの優先度を3段階で最も高い「1」としてアナウンスしている(Linux版およびAirは「3」)。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-28)を公開した。

icon
「Adobe Flash Player」の重大な脆弱性へのアップデートを前倒しで公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-27)を前倒しで公開した。

icon
「Adobe Flash Player」更新直後に新たな脆弱性、事前通知を公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートの事前通知(APSA15-05)を公開した。

icon
「Adobe Flash Player」のアップデートを公開、13件の脆弱性に対応(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB15-25)を公開した。

icon
「Adobe Flash Player」に脆弱性、ウェブ閲覧でDoS攻撃や任意のコードを実行される可能性(JPCERT/CC、IPA)

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)および情報処理推進機構(IPA)は24日、「Adobe Flash Player」の脆弱性について注意を呼びかけた。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト