ネットの違法情報、「規制薬物の広告」が前年同期比7倍以上に増加(警察庁)

2015年10月21日(水) 09時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
違法・有害情報該当件数の推移の画像
違法・有害情報該当件数の推移
違法情報・有害情報削除率の推移の画像
違法情報・有害情報削除率の推移
警察庁は10月20日、2015年上半期の「インターネット・ホットラインセンター」の運用状況などについて発表した。これによると、2015年上半期に同センター(IHC)が受理した通報件数は75,794件(前年同期比897件減)、違法情報は16,337件(同1,655件減)、有害情報は3,048件(同868件増)であった、警察への通報件数は6,551件(同1,403件減)となっている。

IHCからサイト管理者等に対して削除を依頼した違法情報2,371件(前年比1,477件減、38.4%減)のうち2,318件(同1,308件減、36.1%減)が削除、有害情報983件(同703件増、251.1%増)のうち793件(同625件増、372.0%増)が削除した。類型別では「わいせつ物公然陳列」が10,990件でもっとも多く、「規制薬物の広告」(2,721)件、「児童ポルノ公然陳列」(951件)、「預金通帳の譲渡等」(587件)、「出会い系サイト規制法」(483件)と続いた。特に「規制薬物の広告」が前年同期から7倍以上の2,346件と大幅に増加している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
マルウェアに感染したCisco社製ルータを探索するアクセスを観測(警察庁)

警察庁は、「SYNful Knock」マルウェアに感染したCisco社製ルータを探索していると考えられるアクセスを観測したとして、「@police」において注意喚起を発表した。

icon
2015年上半期の不正送金事犯、被害額約15億4,400万円に(警察庁)

 警察庁は17日、2015年上半期における、サイバー空間の脅威情勢について発表した。標的型メール攻撃数の増加、探索行為の増加、不正送金事犯の被害の拡大などが見られたという。

icon
GlassFishの管理コンソール、500/UDP、DNP3などに対するアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2015年7月期の「インターネット観測結果等」を発表した。

icon
高齢者のオレオレ詐欺、還付金詐欺被害が増加--上半期レポート(警察庁)

警察庁は、2015年上半期の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。

icon
5月の特殊詐欺状況を発表、全体的な減少傾向に(警察庁)

警察庁は、2015年5月の「特殊詐欺認知・検挙状況等について」を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト