警察庁とプロバイダによるボットネット「GOZ」テイクダウン作戦を開始(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.11(日)

警察庁とプロバイダによるボットネット「GOZ」テイクダウン作戦を開始(警察庁)

製品・サービス・業界動向 業界動向

警察庁は6月3日、「国際的なボットネットのテイクダウン作戦」について発表した。本作戦は、インターネットバンキングに係る不正送金事犯に使用されているとみられる不正プログラム「Game Over Zeus」(GOZ)が世界的に蔓延していることから、米国連邦捜査局(FBI)および欧州刑事警察機構(ユーロポール)が中心となり、日本の警察を含む協力国の法執行機関が連携して決行しているもの。GOZに感染した端末で金融機関の正規のWebサイトへアクセスすると、GOZが正規のログイン画面等を装った偽の画面を表示させて各種情報の入力を要求し、偽の画面と気付かずに入力した情報を窃取され、その結果、当該利用者の口座から不正送金が行われてしまう。

最終的には、当該不正プログラムのネットワークを崩壊させる(ボットネットのテイクダウン)ことを目的としており、関連サーバを押収し、当該ネットワークの管理者を起訴するとともに、より多くの感染端末を特定し、プロバイダ等を通じて感染端末の利用者に対して不正プログラムの駆除を促すことにより、感染端末を減少させることを狙う。米国の調査によると、世界中で50万から100万台の端末がGOZに感染しており、その約20%が日本に所在していると推定されている(米国の約25%を除けば、日本に最も多く所在)。プロバイダ等を通じ、GOZに感染している旨の通知があった場合には、このまま感染状態が継続すると不正送金事犯の被害に遭うおそれがあることから、プロバイダ等の指示に従って適切な対処を行う必要がある。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  2. 重要インフラにおける分野横断的演習、今回は過去最大規模に(NISC)

    重要インフラにおける分野横断的演習、今回は過去最大規模に(NISC)

  3. iOS 9以降のiPhoneでは4ヶ月間にわたってユーザーの通話履歴をiCloudに保存(ElcomSoft)

    iOS 9以降のiPhoneでは4ヶ月間にわたってユーザーの通話履歴をiCloudに保存(ElcomSoft)

  4. 県警合同捜査本部のサイバー犯罪捜査にアプリの分析で協力、容疑者を逮捕(トレンドマイクロ)

  5. Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー)

  6. 自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29)

  7. 自動車やIoT機器向けの組み込み型セキュリティソリューションを発売(アズジェント)

  8. 「おうちIPS・DPI」でルーター/NAS/スマホ/IoT機器を守る製品、トレンドマイクロが発売

  9. AIと機械学習検索を搭載した企業向けウイルスバスター最新版(トレンドマイクロ)

  10. サイバーセキュリティ教育コンテンツの開発で協業(日本IBM、パソナ)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×