2月の特殊詐欺状況を発表、振り込め詐欺の被害総額は19億円(警察庁)

2014年4月4日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
警察庁による発表の画像
警察庁による発表
警察庁は4月2日、2014年2月の「特殊詐欺の認知・検挙状況等について」を発表した。これによると、2月の特殊詐欺の認知件数は879件(1月は757件)で、このうち振り込め詐欺の認知件数は650件(同572件)で、このうち585件が既遂(同533件)、被害総額(既遂のみ)は19億5,180万円(同16億1,766万円)、検挙件数は173件(同90件)、検挙人員は114名(同62名)と、前月からほぼ同水準で推移した。オレオレ詐欺では、認知件数が397件(同314件)、このうち334件(同276件)が既遂、被害総額は11億3,224万円(同8億9,630万円)、検挙件数は160件(同81件)、検挙人員は96名(同55名)と、やや増加した。

架空請求詐欺の認知件数は111件(同112件)で、このうち109件(同111件)が既遂、被害総額は6億6,608万円(同5億8,138万円)、検挙件数は6件(同8件)、検挙人員は14名(同7名)と引き続き高水準で推移している。形態別で見ると、「有料サイト利用料金等名目」が22件、「情報購入代金等名目」が18件、「訴訟関係費用等名目」が9件であった。このほか融資保証金詐欺が33件(同34件)で被害総額3,292万円(同2,094万円)、携帯電話端末詐欺が44件(同41件)などとなっている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
不正アクセス行為が前年から1,700件増加、その後の行為は不正送金(警察庁)

警察庁は、「不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況」について発表した。

icon
不正アクセス件数は2011年を底にV字に増加、2013年の発生状況を公表(警察庁、総務省、経済産業省)

 警察庁、総務省、経済産業省は3月27日、2013年(1月1日~12月31日)の不正アクセス行為の発生状況について公表した。

icon
脆弱性のあるSynology社製NASを探索するアクセスが急増、対策を呼びかけ(警察庁)

警察庁は、脆弱性が存在するNASの探索と考えられる宛先ポート(5000/TCP)に対するアクセスの急増について、@policeにおいて注意喚起を発表した。

icon
ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反事件の一斉集中取締りを実施、123か所を捜索し33人を検挙(警察庁)

 警察庁は2月25日から27日までの3日間、ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件の一斉集中取締りを行った。

icon
コミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策を発表、無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害が増加(警察庁)

 警察庁は2月27日、2013年中の出会い系サイトおよびコミュニティサイトに起因する事犯の、現状と対策を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト