「.cn.com」を使ったフィッシングサイトが急増、URLの確認を呼びかけ(警察庁)

2013年11月22日(金) 16時44分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「.cn.com」ドメインのフィッシングサイトの認知状況(H25. 9.26~H25.11.18)の画像
「.cn.com」ドメインのフィッシングサイトの認知状況(H25. 9.26~H25.11.18)
警察庁は11月21日、「.cn.com」ドメインを利用したフィッシングサイトが急増しているとして、注意喚起を発表した。警察庁では9月下旬以降、「.cn.com」ドメインを利用したフィッシングサイトを認知しており、11月に入ってから特に急増している。「.cn.com」ドメインは、世界中の誰でも取得できるドメインであるが、中国を連想させることから中国を対象とするサイトで使用されることが多い。

認知したフィッシングサイトは、金融機関、オンラインゲームなどのログイン画面を模したものであり、ドメイン名が「正規サイトのドメイン名.●●●.cn.com」などとなっている。警察庁では、フィッシングサイトへの誘導がメールによって行われることから、「正規のサイト管理者がメールで口座番号や暗証番号の入力を促すことはないので、リンク先を安易にクリックしない」「認証を必要とするサイトへは、正規のURLを直接入力する」などの対策を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
コミュニティサイト起因の児童被害、引き続き増加傾向(警察庁)

警察庁は、「コミュニティサイトに起因する児童被害の事犯に係る調査結果(2013年上半期)」について発表した。

icon
インターネット・ホットラインセンターへの通報件数は2/3に減少(警察庁)

警察庁は、2013年上半期の「インターネット・ホットラインセンター」の運用状況についてをまとめ、発表した。

icon
不正侵入やセンサーへのアクセスなど総じて増加--四半期レポート(警察庁)

警察庁は、@policeにおいて2013年第2四半期(7~9月)のインターネット観測結果等を発表した。

icon
8月の特殊詐欺、「有料サイト利用料金等名目」の架空請求詐欺が急増(警察庁)

警察庁は、2013年8月の「特殊詐欺の認知・検挙状況等について」を発表した。

icon
平成25年上半期のサイバー犯罪、前年同期比で25.2%の増加(警察庁)

警察庁は、「平成25年上半期のサイバー犯罪の検挙状況等について」を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト