LASDECのサイバー攻撃対策の一環でアドビが協力(アドビシステムズ)

2013年6月28日(金) 17時04分
このエントリーをはてなブックマークに追加
アドビによる発表の画像
アドビによる発表
アドビシステムズ株式会社(アドビ)は6月28日、地方公共団体の情報処理に関する専門機関である「財団法人地方自治情報センター」(LASDEC)が、サイバー攻撃対策の一環として「地方公共団体組織認証基盤」(LGPKI)のPDFへの電子署名の取り組みに賛同し、協力することを決定したと発表した。アドビは、住民が地方公共団体の発信するPDF文書を安心・安全に閲覧できるように、無償の「Adobe Reader」または「Acrobat」でLGPKIの電子署名を簡単に検証できる仕組みを整えた。

住民がAdobe Reader、Acrobatを用いてPDF文書を閲覧する場合、特別な操作を行うことなく、その文書が「地方公共団体が作成した文書であること」および「改ざんされていないこと」を確認できる。地方公共団体は、Acrobatを利用し、LGPKIで発行する職責証明書を用いて、PDFファイルに電子署名を付与することができる。電子署名が付与されたPDFファイルはインターネットなどを通して公開され、住民はPDFファイルをAdobe ReaderまたはAcrobatで閲覧できる。その際、LGPKIのルート証明書がAdobe Approved Trusted List(AATL)を通してAdobe Reader、Acrobatに自動的にダウンロードされ、署名の検証も自動的に行われる。住民はルート証明書のダウンロード操作などを意識する必要がない。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB13-16)を発表した。

icon
Adobe Reader、Acrobatなど複数の製品に対しアップデートを公開(アドビ)

アドビは、Adobe Reader、Acrobat、Adobe Flash Player、ColdFusionのセキュリティアップデートなどを発表した。

icon
Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを事前通知(アドビ)

アドビは、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアドバイザリ(APSB13-15)を発表した。5月14日(米国時間)にセキュリティ更新プログラムをリリースする。

icon
ColdFusionに脆弱性、すでにエクスプロイトが公開(アドビ)

アドビは、「ColdFusion」のセキュリティアドバイザリ(APSA13-03)を発表した。

icon

アドビは、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアドバイザリ(APSA13-02)を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト