Googleアカウントの乗っ取りが多発、2段階認証の設定のコツを紹介(ウェブルート)

2012年12月28日(金) 17時24分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブルート株式会社は12月28日、Googleアカウントの乗っ取りが世界的に多発していることを受け、ブログで注意喚起を発表した。これは、Googleから「最近、他のユーザがアプリケーションを使用してGoogleアカウント○○○@gmail.comにログインしようとしました。Googleでは、このアカウントへのアクセスが不正ユーザによるものであった場合に備え、このログインをブロックしました」というメールが届くというもの。

こういった事例が多発しており、パスワードのハッキングツールも出回っていることから、Googleでも「2段階認証」を提供している。2段階認証は、ユーザ名とパスワードだけではなく、セキュリティコードと呼ばれる2つ目の認証コードを利用するもの。ただし、これを利用するとiPhoneのメールアプリでメールを読むことができなくなることも確認されており、「アプリケーションとサイトを設定する」項目で「アプリケーション固有のパスワード」を設定する必要がある。ブログではまた、解析されにくいパスワードの設定方法も紹介している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ウェブルートは、NSS Labsによる調査報告について疑問を投げかけるブログを公開した。調査報告では、IE9は他の競合ブラウザと比較して、ソーシャルエンジニアリング型マルウェアのブロック率が非常に高いと結論づ...

icon

ウェブルートは、主力セキュリティ製品である「ウェブルート セキュアエニウェア」シリーズの新製品として、「コンプリート」「エッセンシャルズ」「アンチウィルス」の3製品を5月から国内で販売する。

icon

ウェブルートは、「2012年のサイバーセキュリティ予測トップ7」をブログで発表した。2012年は、「標的を絞った攻撃の1年」になるとしている。

icon

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は8月18日、最近横行し始めているスミッシング(ソーシャルメディアをターゲットとしたフィッシング)についてブログで注意喚起を行っている。これは、従来のメールによるフィ...

icon

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は12月4日、2007年11月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。このランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト