海賊版「スピードラーニング」を携帯版オークション販売した男性らを逮捕(ACCS)

2012年7月20日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は7月18日、山口県警生活環境課と長府署が7月12日、主に携帯電話からアクセスするオークションサイトの利用者に対して、権利者に無断で複製された外国語会話教材を販売していた大阪市の会社員男性A(40歳)、無職男性B(27歳)を著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕し、7月13日に山口地検下関支部へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

AとBは2011年11月24日頃から2012年1月17日頃までの間、3回にわたって、株式会社エスプリラインが著作権を有する「スピードラーニング英語(全48巻)」の一部が複製されたCD32枚セット計96枚を、山口県下関市の男性ほか2人に対し合計31,000円で販売していた。購入者が長府署に相談し、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが端緒だという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ACCSによると、島根県警生活環境課と安来署は「Share」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、島根県安来市の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると愛知県豊橋署および豊川署は、インターネットオークションを悪用し権利者に無断で複製したカーナビソフトを販売していた岐阜県美濃加茂市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると、兵庫県警サイバー犯罪対策課と灘署は、ファイル共有ソフト「Cabos」を通じて漫画作品を権利者に無断でアップロードしていた、大阪府のアルバイト男性(44歳)を著作権法違反の疑いで逮捕した。

icon

ACCSによると、千葉県警サイバー犯罪対策課と野田署は、著作権者に無断でカーナビゲーションソフトを複製し販売していた会社員男性(48歳)を著作権法違反の疑いで逮捕し、千葉地検へ送致した。

icon

ACCSによると、愛知県警サイバー犯罪対策課と千種署は、携帯用家庭ゲーム機の不正コピー版ゲームソフト使用制限プログラムを無効化する装置をインターネットを通じて販売した自営業男性を不正競争防止法違反の疑...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト