2016.09.25(日)

「組織でのインターネット管理実態調査」の結果を公表、12%の法人がJailBreakしたスマートデバイスやウイルス感染した端末を利用してトラブルに(ネットスター)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 ネットスターは4日、第十回「組織でのインターネット管理実態調査」の結果を公表した。同調査は、法人(職場)でのインターネットの管理・利用実態などを調べるもので、調査期間は4月27日~5月8日。

 第十回となる今回は、スマートデバイスとフィルタリングを導入している法人に勤めるシステム管理者591人から有効回答を得ている。

 まず、「スマートデバイスで利用しているOS」は、タブレット端末でiOS(41.6%)が、スマートフォンでAndroidOS(41.1%)がそれぞれ最多となった。導入しているセキュリティ対策は「ウイルス対策」(45.3%)、「盗難・紛失対策」(41.3%)、「URLフィルタリング」(39.8%)の順となっている。

 ただしOS別に見ると、iOSでは「盗難・紛失対策」、AndroidOSでは「ウイルス対策」が1位になるなど、違いが見られた。なおセキュリティ対策導入の目的では「不正コード侵入防止」(69.9%)と「情報漏えい防止」(64.4%)に、商品選定のポイントでは「使い勝手」(43.9%)と「多機能」(41.8%)に回答が集まるなど、OS別での差異はなかった。

 また、セキュリティ対策をしていないシステム管理者の7割以上が「スマートデバイス向けセキュリティ対策は必要」と考えているものの、「導入台数が少ない」や「導入したいサービスがない」などの理由で導入が遅れていることが見て取れた。

 さらに、「JailBreakしたスマートデバイスやウイルス感染したスマートデバイスを利用しトラブルにあった」と、12%の法人が回答した。OS別で見るとスマートフォンではiPhone(13.7%)、タブレット端末ではAndroidOSタブレット(17.6%)が最多となっている。

「JailBreakやウイルス感染した端末で、トラブルにあった法人」、1割を超える……ネットスター調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ)

    ピーク時363GbpsのDDoS攻撃を記録、ブラジルからの攻撃も過去最大に(アカマイ)

  2. 2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

    2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

  3. 「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー)

    「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー)

  4. CSIRT、SOCの設置率は2年前から10%増加、しかし約4割が情報漏えいや操業停止を経験(トレンドマイクロ)

  5. メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM)

  6. 75%が自社ネットワークの暗号化通信に隠れたマルウェアの危険を認識(A10)

  7. 「組織幹部がサイバーセキュリティを重視している」、日本は最低の結果に(マカフィー)

  8. iPhoneで推測されやすい危険なパスコードトップ10、「5683」の意味とは?(ソフォス)

  9. 大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

  10. 「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」柳井 政和(ブックレビュー)

  11. 4社に1社ランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  12. 約800のPマーク取得組織で2千件弱の個人情報事故、前年より2割弱増加(JIPDEC)

  13. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  14. いじめに関するネットアンケートを実施、内容は「陰口・仲間はずれ」が32%と最も多い(ドワンゴ、ニワンゴ)

  15. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  16. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  17. 日本の閲覧数上位50のWebサイトのうち、15のサイトで脆弱性のあるOSを使用(マクニカネットワークス)

  18. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  19. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

  20. インターネットバンキングをめぐる不正送金の手口巧妙化などの実例からサイバー犯罪増加について考察(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×