2016.07.23(土)

65万台のMacが感染した「BackDoor.Flashback.39」拡散推移のまとめを発表(Dr.WEB)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月11日、65万台を超えるMac OS X搭載コンピュータを感染させた「BackDoor.Flashback.39」の拡散推移をまとめ、発表した。「BackDoor.Flashback.39」が悪用する脆弱性は、2012年2月にOracle社がリリースしたJava Virtual Machineのアップデートによって閉じられている。3月25日には最初のFlashbackボットネットドメインが登録され、Doctor Webは3月27日に「BackDoor.Flashback.39」のシグネチャをDr.Web for Mac OS Xウイルスデータベースに追加した。

4月3日、Doctor Webのアナリストは「BackDoor.Flashback.39」がコントロールサーバドメイン名を作成するために用いるルーチンを逆行分析することで、いくつかのドメイン名を登録することに成功、ボットから受け取るリクエストを解析して統計を割り出した。最初の1時間だけで13万台を超えるボットからの応答を受信したという。4月4日にはホスト数が60万台を超え、4月10日には65万台に達したという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. 「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

    「ポケモンGO」の話題性を悪用した攻撃者について警告(トレンドマイクロ)

  3. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

    「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  4. トロイの木馬型マルウェアが仕込まれたAndroid版「Pokemon GO」に注意喚起(McAfee)

  5. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  6. SIE吉田修平氏のTwitterアカウントが乗っ取り被害、犯人は脆弱なセキュリティがもたらす危険性を警告

  7. CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

  8. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  9. ホームシアターなどのメディアプレイヤー「OpenELEC」に脆弱性(JVN)

  10. Android端末を狙うリダイレクトサイト、4万5千以上確認(Dr.WEB)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×