DNSの欠陥が抹殺された邪悪なサイトをゴーストドメインとして蘇らせる~サイバー詐欺師が悪用の可能性(The Register)

2012年2月21日(火) 08時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
分析 サイバー詐欺師たちは、Webのドメイン名システム(DNS)を操ることによって、悪意あるドメインのオペレーティングをより長い期間(それらが取り消された後でさえ)続けることができるかもしれない。

中国および米国の大学に所属する研究者チームによる最近の共同研究によれば、DNSサーバで広く多用されているDNSサーバのキャッシュ・アップデート・ロジックの弱点が、いわゆるゴーストドメイン作成の可能性を生み出すという。これらのDNSサーバは、インターネットの運営に重要なものだ。これらは人間が読み取れるドメインを、ページ・リクエストを正しいWebサイトにルートするため、ネットワーク・キットが理解できる数値アドレスに変換するためだ。

論文ゴースト・ドメイン名:取り消されてもなおリゾルブ可能の中で、研究者たち(Jian Jiang、Jinjin Liang、Kang Li、Jun Li、Haixin Duan、Jianping Wu)は以下のように説明…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

JPRSは「ghost domain names(幽霊ドメイン名)」の脆弱性に関する文書を発表した。この脆弱性は、研究発表会「NDSS Symposium 2012」において発表された論文で指摘されたもの。

icon

インターネット界最大のビッグネームの一部が、この法的戦いのために集結しており、その中には思いもよらないメンバーもいる。Google、Facebookなどのオンライン企業は同法と闘っており、またMozillaはオープンソ...

icon

問題なのは、ブラウジング・セッションが偽のDNSレコードにより途中でハイジャックされていないことを保証する、もっとも単純な方法が終端間プロトコルだということだ。

icon

経営コンサルタントErnst & Youngのセキュリティ専門家Hugh Callaghanは、詐欺の可能性を低下させるには、銀行は複数のセキュリティ対策を行う必要があると述べている。

icon

既にここ数ヶ月、Comodoへの侵入やDigiNotarのハッキング、SSL BEAST攻撃やその他の問題で揺らいでいた、デジタル認証局の信用モデル全体に対する信頼を、さらにぐらつかせるものだ。

icon

アップデート Webサイトのカテゴリー化を行っているZveloの研究者が、Google WalletのPINプロテクションが、数秒で完了するブルートフォース攻撃に対してオープンであることを発見した。そしてGoogleはこの問題...

icon

サイバー犯罪者たちはオープンソース・マルウェアを歓迎し、新しいCitadelマルウェアを使用した20種類のボットネットを作成しており、これは電子バンキング詐欺師のFreeBSDになり始めている。

icon

このような状況がどのように起きたのかを推測するのは簡単だ。Googleが何故、もっと前にこの問題に気づかなかったかを理解する事は、より難しいが。

RSS

特集・連載

国際アクセスランキング

国際ニュースを対象にした、直近24時間のアクセスランキングです

ピックアップフォト