SSL証明書の認証機関がセキュリティ侵害により証明書発行停止、またもや(The Register)

2011年11月10日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
また新たなWeb認証局が、SSL証明書の発行を停止した。そのサーバの一つに、ハッカーによる攻撃ツールの保存を可能にしたセキュリティ侵害が発見されたためだ。

オランダベースのKPN Corporate Marketは、4年前に起きた可能性のあるセキュリティ侵害の調査を行い、対応策をとっていると述べた。この侵害が明るみに出たのは、分散型のサービス妨害攻撃を行うためのツールが、同社のネットワーク上で発見された後のことだ。

KPNサーバはGoogleやeBay、その他何百万ものサービスが、自身のWebサイトが安易に作成された偽モノではなく、本物であることを証明するために用いる証明書を生成するのに使用されるが、このセキュリティ侵害がこれらサーバに影響を与えるという兆候はない。しかしKPNは、金曜に出した声明ここにGoogleの翻訳がある)で、その可能性を「完全に排除することはできない」と述べている。

今回のセキュリティ侵害は、その最も不安定な、もしくは最も信頼の置けないメンバー程度にしか信頼できないSSLシステムの脆弱さを強調している。600以上の認証局がInternet Explorer、Chrome、Firefoxにより信頼を与えられているが、Google Mail、あるいは他のWebサイト用の証明書の完璧に近いレプリカを作成するには、一つの認証局の証明書発行システムの防御に穴を開けるだけで済むのだ。そして認証局の中には、中国のような国に位置するものもあり、そうした認証局が不正な証明書を発行するよう強要されていると想像しても、行き過ぎとは言えない…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

Microsoft、GoogleおよびMozillaが、さらにもう一つのWeb認証局をそれぞれのソフトウェアから削除する。マレーシア政府のWebサイトを訪問した人々を攻撃するために使用される可能性のある、SSL証明書を発行したこ...

icon

●SSL/TLSセキュリティの危機 9月19日付けの「The Register」が、SSLで保護された実質的に全てのWebサイトに重大な脆弱性があり、Webサイトとエンドユーザの間で暗号化を行ってやりとりされるデータをハッカーが復...

icon

●SSL/TLSを狙う事件が多発 このところ、ハッカーがSSL認証を狙う事件が多発している。ただし、Duong氏が言ったとおり「SSLプロパティの信頼性についての攻撃」が中心だ。3月15日には、SSL証明書を提供してセキュ...

icon

日本マイクロソフト株式会社は8月30日、「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(2607712)不正なデジタル証明書により、なりすましが行われる」を公開した。本アドバイザリは同社製品の脆弱性ではなく、Dig...

icon

株式会社シマンテックは7月20日、インターネットの安全性に関するシマンテックのオンライン調査の結果をブログで発表した。調査結果によると、80%の回答者がSSL暗号化を示す鍵マークを確認すべきだと知っている...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト