2013年8月に10億人分のユーザー情報が盗まれた可能性(米Yahoo!) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.23(月)

2013年8月に10億人分のユーザー情報が盗まれた可能性(米Yahoo!)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 米Yahoo!は現地時間14日、2013年8月に10億人分の同社ユーザー情報が、盗まれた可能性があると伝えている。

 同社は最近の調査において、自社のユーザーアカウントに関するセキュリティ上の問題を特定。現在は、それらを保護するための措置を講じながら、法的機関と緊密に協力しているという。

 2016年9月には、約5億人分のユーザーアカウントが盗まれたことを発表しているが、今回の発表は、それとはまた別のハッキング被害を指す。盗まれたユーザーアカウント情報には、名前、電子メールアドレス、電話番号、生年月日が含まれている恐れがあるが、パスワード、クレジットカード情報、銀行口座情報については、別のシステムに保存されているため、漏洩していない可能性が高いとのこと。

米Yahoo!、10億人分のユーザー情報がハッキング被害にあったことを発表

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 約30名の人事異動案を誤って全職員に一斉送信(文部科学省)

    約30名の人事異動案を誤って全職員に一斉送信(文部科学省)

  2. ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

    ビジネスソフトの海賊版販売で有罪判決、罰金など合計約4,700万円(ACCS)

  3. 日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

    日本版「STOP. THINK. CONNECT.」が改ざん被害、閉鎖はせず原因調査中(フィッシング対策協議会)

  4. 資生堂子会社のネットショップに不正アクセス、カード情報など漏えい(イプサ)

  5. 「Adobe Acrobat」などの海賊版をショッピングサイトで販売、1億円以上売上(ACCS)

  6. 「自炊代行業」の男性を逮捕、書籍の転売やデータの使い回しなども判明(ACCS)

  7. 電子メール管理サーバへの不正アクセスで「フラット35」の個人情報が流出(住宅金融支援機構、優良住宅ローン)

  8. 出張帰途の車内でノートPCを紛失、業務に関する個人情報のファイルを保存(NICT)

  9. Webサーバーに不正アクセス、リスナーの個人情報約64万件が流出の可能性(J-WAVE)

  10. リスト型攻撃により5万件以上の「Ameba」アカウントが不正ログイン被害(サイバーエージェント)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×