“すごうで”支援対象者、2年連続で中学生の山内氏が選ばれる(ラック)

2016年3月24日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ラックは3月23日、突き抜けた技術力を持った若者を応援する2016年度「ITスーパーエンジニア・サポートプログラム“すごうで”」の支援対象者に、東京都在住の中学3年生、山内奏人氏(15歳)を決定したと発表した。本プログラムは、「エンジニアの卵」の夢へのチャレンジを、100万円相当の資金と技術の両面からバックアップするもの。将来のIT社会を背負って立つ高度人材へと成長することを狙い、2013年にスタートした。

今回は3件の応募があり、ラックによる審査の結果、山内氏の活動計画が最も高い評価を得た。山内氏は2015年度も“すごうで”の支援を受けて10日間の米国視察を実現しており、その経験から今年はさらに一歩踏み込み、実際に「生徒として生活」して、同世代の生徒の感覚を直接感じたいと考えたという。また、渡米した際に海外専用デビットカードの使い勝手の良さに驚いた体験から、ビットコインなど新しい金融のありかたを考え、自ら実際にアプリケーションを制作することも活動計画に掲げた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ラックは、三重県警とサイバー空間の脅威に対する共同対処協定を締結したと発表した。

icon
Webサイトを無害化する、Web向けサンドボックスが登場(ラック、マクニカネットワークス)

ラックは、Webサイトのコンテンツ無害化技術「アイソレーション(分離)」を搭載した米Menlo社の「Menlo Security」の提供を開始した。

icon
遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック)

ラックは、遠隔操作ウイルスに対する指令の伝達手段としてDNSパケットを悪用する事案を初めて確認し、注意喚起情報として公開した。

icon
中小規模事業者向けUTMに攻撃分析情報「JSIG」を提供(ラック、NECプラットフォームズ)

ラックは、NECプラットフォームズが販売を開始したセキュリティアプライアンス「Aterm SA3500G」に、より強固なセキュリティ機能を実現するラック独自のセキュリティ技術情報を提供した。

icon
「Angler Exploit Kit」によりEmdiviおよびZeusVMの感染が増加(ラック)

ラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」によるセキュリティレポート「JSOC INSIGHT vol.10」を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト