児童や生徒がトラブルに巻き込まれた経験のある教育関係者は6割強(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2016.12.10(土)

児童や生徒がトラブルに巻き込まれた経験のある教育関係者は6割強(デジタルアーツ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

デジタルアーツ株式会社は3月22日、教育関係者を対象に実施した情報モラル教育についてのアンケート調査の結果をまとめ、発表した。この調査は、同社が自社ホームページで無償提供している、情報モラル教育の学習資料をダウンロードした教育関係者を対象に実施したもの。有効回答数は77。

調査結果によると、情報モラル教育の実施状況は、児童・生徒向けは「している」が79.2%、「していない」が15.6%、「検討中」が5.2%。保護者向けは「している」が50.6%、「していない」が39.0%、「検討中」が10.4%であった。情報モラル教育の必要性については、児童・生徒向けで92.2%、保護者向けで72.7%が「非常に重要」と回答している。

特に教育・指導が必要だと思う事項は「SNSへの個人が特定できる情報や写真、動画の投稿」が97.4%、「メールやメッセージアプリを使ったいじめ」が82.9%、「炎上を引き起こすような書き込みや投稿」が77.6%となった。実際に児童・生徒がトラブルに巻き込まれたケースは、全体の63.6%が経験しており、その内容は「誹謗中傷の書き込みをされた」が73.5%、「誹謗中傷の書き込みをした」が67.3%、「個人情報をインターネットに公開した」が61.2%となっている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. IOCの信頼性の低下、メモリ常駐型マルウェアの出現--2017年予測を発表(カスペルスキー)

    IOCの信頼性の低下、メモリ常駐型マルウェアの出現--2017年予測を発表(カスペルスキー)

  2. 経営層と情シスが選ぶ2016年の10大セキュリティ事件(マカフィー)

    経営層と情シスが選ぶ2016年の10大セキュリティ事件(マカフィー)

  3. アダルトサイト被害相談、60歳以上男性が20歳未満男性を上回る(国民生活センター)

    アダルトサイト被害相談、60歳以上男性が20歳未満男性を上回る(国民生活センター)

  4. ランサムウェア、オンライン銀行詐欺ツールが過去最大--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  5. サイバー攻撃からの自社の復旧能力に「自信がない」66%--グローバル調査(日本IBM)

  6. 中小企業向けのセキュリティ対策ガイドラインを改訂、より実践的な内容に(IPA)

  7. 未知のマルウェアの急増とモバイルデバイスの対策の遅れなど指摘(チェック・ポイント)

  8. 高校生のAndroid端末保有者62人中セキュリティアプリの起動確認できたのは22人(MMD研究所)

  9. 日本は個人データの利活用や人材確保に遅れ--グローバル調査(PwC)

  10. サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書を公開、最近の被害事例も(IPA)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×