個人情報が保存されたノートPCがドイツ出張中に盗難被害(東京大学)

2016年3月22日(火) 08時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京大学は3月15日、同大学産学連携本部の構成員がドイツへの出張中にノートPC入りの鞄を盗難により紛失したと発表した。

ノートPCには起業家教育受講生の学生等の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等を記したファイルが保存されているという。

当該ノートPCはパスワードがかかっているため、即座に情報が流出する可能性は低く、現時点では当該個人情報の不正使用などの事実は確認されていないという。
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

Archuleta は昨晩、辞任の意思はなく、この混乱を整理するため現職に留まる意向であるということを伝えたばかりだった。周囲の同意を得られなかった彼女が、解任されるよりは辞任することを決断したのは明らかだ。

icon

東京電力は1月28日、同社カスタマーサービス・カンパニー執務室内において個人情報を記録したUSBメモリを紛失したと発表した。

icon

JRAは12月20日、福島競馬場において「福島競馬場シニアカード会員」の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

icon

関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

icon
夏期合宿の盗難事件で携帯電話118台が被害に、個人情報流出の補償についても対応(早稲田アカデミー)

 早稲田アカデミーは、夏期合宿期間中に発生した貴重品の盗難事件について見解を発表した。生徒から預かった貴重品の管理手順に明確な落ち度があったと認め、携帯電話の代替機への手続きも含め、被害の内容はす...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト