高度化・巧妙化するサイバー犯罪に官民一体で対処を推進(ラック、三重県警)

2016年3月17日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ラックは3月16日、三重県警察本部(三重県警)とサイバー空間の脅威に対する共同対処協定を締結したと発表した。これは、サイバー犯罪の増加と手口の高度化・巧妙化に対する懸念から、官民一体となった対処の推進を目的としたもの。5月に伊勢志摩サミットの開催も控える三重県警は、県内においても増加しているサイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止を進めるため、ラックの技術力や経験を活用することを目的に、共同対処協定を締結したという。

今回の協定において想定している協力事項は次の通り。

・サイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止等に効果的な情報の交換
・サイバー犯罪等調査にかかわる手法、技術内容の提供
・サイバー犯罪等の手口に関する調査および研究内容の提供
・サイバー犯罪等の未然防止と被害拡大防止等に効果的な広報連携
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
Webサイトを無害化する、Web向けサンドボックスが登場(ラック、マクニカネットワークス)

ラックは、Webサイトのコンテンツ無害化技術「アイソレーション(分離)」を搭載した米Menlo社の「Menlo Security」の提供を開始した。

icon
遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック)

ラックは、遠隔操作ウイルスに対する指令の伝達手段としてDNSパケットを悪用する事案を初めて確認し、注意喚起情報として公開した。

icon
中小規模事業者向けUTMに攻撃分析情報「JSIG」を提供(ラック、NECプラットフォームズ)

ラックは、NECプラットフォームズが販売を開始したセキュリティアプライアンス「Aterm SA3500G」に、より強固なセキュリティ機能を実現するラック独自のセキュリティ技術情報を提供した。

icon
「Angler Exploit Kit」によりEmdiviおよびZeusVMの感染が増加(ラック)

ラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」によるセキュリティレポート「JSOC INSIGHT vol.10」を公開した。

icon
「ScreenOS」の認証回避の脆弱性について注意喚起情報を公開(ラック)

ラックは、ジュニパーネットワークスの「ScreenOS」の脆弱性に関する注意喚起を発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト