災害発生時に家族の居場所をマップで確認し安否情報を共有(ソフトバンク)

2016年3月11日(金) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク「みまもりマップ」で家族の安否情報を確認・共有

「みまもりマップ」利用イメージの画像
「みまもりマップ」利用イメージ
ソフトバンクの画像
ソフトバンク
 ソフトバンクは、災害発生時などに家族がお互いの居場所をマップで確認でき、安否情報の共有などができるアプリ「みまもりマップ」を2016年5月以降に提供開始する。SoftBankやY!mobileのスマートフォン利用者はもちろん、他社のスマートフォン利用者も利用できる。

 ソフトバンクが提供する「みまもりマップ」は、災害発生時などにグループ登録した家族の居場所をマップで共有できるほか、家族の「無事」「危険」いずれかの安否情報をグループで共有できる。さらに、グループ登録したメンバーが学校や病院など指定したエリアに到着、もしくは出発した場合には移動が通知されるという。

 ほかにも、災害発生時に災害エリアにいる「みまもりマップ」利用者に災害情報を知らせたり、災害発生時に「SOS」を選択すると近くにいる「みまもりマップ」利用者に救援を求めたりすることもできる。「SOSブザー」を選択すると、大きな音で周囲に救援を求める機能も備えている。

 SoftBankやY!mobileのスマートフォン利用者は、「スマートフォン基本パック」「iPhone基本パック」「位置ナビ」のいずれかに加入することにより、グループ管理者になることができ、グループのメンバー登録や編集を行うことができる。また、他社スマートフォン利用者も、グループ管理者からメンバー登録をされると「みまもりマップ」の機能を利用することができる。

 サービス開始は2016年5月以降。「みまもりマップ」のアプリケーションをダウンロードすれば利用できる。利用料金は無料だが、グループ管理者は「スマートフォン基本パック」「iPhone基本パック」「位置ナビ」の月額料金がかかる。

◆ソフトバンク「みまもりマップ」
サービス開始日:2016年5月以降
利用料金:無料
※グループ管理者は、「スマートフォン基本パック(月額500円)」「iPhone基本パック(月額500円)」「位置ナビ(月額200円)」の月額料金がかかる(価格はいずれも税別)
《外岡紘代@リセマム》

注目ニュース

icon
緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」に安否確認機能を追加(アールシーソリューション)

 5年前の東日本大震災のとき、TwitterをはじめとするSNSが大きく活躍した。スマートフォンの普及期に重なったこともあり、以降もSNS利用者は増加しているが、「地震速報アプリ」「家族との連絡のためのアプリ」...

icon
RFIDを使用した「入退門管理システム」と「作業者接近検知システム」を展示、災害発生時の安否確認も可能(吉川工業)

吉川工業は東京ビッグサイトで開催されていた「自動認識総合展」において、RFIDを使用した「入退門管理システム」と「作業者接近検知システム」などを展示した。

icon
安否確認サービスの新バージョンを提供、スマートフォン対応アプリなどを含め機能が大幅に追加(イーネットソリューションズ)

 イーネットソリューションズは安否確認サービス「Safetylink24」の新バージョン(v5.5)を防災の日となる9月1日から提供開始する。スマートフォン対応アプリなどを含め、機能が大幅に追加されている。

icon
【オフィス防災EXPO】緊急時を想定した堅牢性とサービスの継続性に配慮したシステム構成が特徴の安否確認サービス(サイボウズスタートアップス)

 東京ビッグサイトでて開催された「第10回総務・人事 ワールド」内の「第9回オフィス防災 EXPO」において、サイボウズスタートアップスは月々6,800円からという低価格で導入できる「安否確認サービス」の展示を...

icon
災害時の安否確認をビーコンが自動で登録(YCC情報システム)

 YCC情報システムは、東京ビッグサイトで開催された「自治体総合フェア2015」にて、ビーコンを活用した安否確認システムの展示を行った。デンソーと共同開発したシステムで、災害時の安否確認をビーコンが自動で...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト