OS Xを狙う完全なランサムウェア「KeRanger」の分析結果を発表(トレンドマイクロ)

2016年3月10日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

OS Xランサムウェア詳報……Gatekeeper回避でMacの安全神話は過去の物に

ソフトウェアへのランサムウェア混入を警告する「Transmissionbt.com」の画像
ソフトウェアへのランサムウェア混入を警告する「Transmissionbt.com」
「KeRanger」の身代金要求メッセージ表示例の画像
「KeRanger」の身代金要求メッセージ表示例
 既報のとおり、OS Xを狙う完全なランサムウェア「KeRanger」が6日に発見された。OS Xにおいて、初めて完全に機能するランサムウェアとのことで、すでに大きな注目を集めている。トレンドマイクロは8日、公式ブログで「KeRanger」の分析結果などを発表した。

 それによると、「KeRanger」は、オープンソースのBitTorrentクライアントソフト「Transmission」のバージョン2.90で発見。配布サイトが侵害され、正規のインストーラが不正なインストーラに置き換えられたことにより起こったとみられている。3月5日午前4時~3月6日午後12時時までの間に、「Transmission」をTransmissionbt.comからダウンロードした利用者は、被害に遭う可能性がある。実行されると3日後に発病。匿名通信システム「Tor」(The Onion Router)を通じて犯罪用サーバにアクセスする一方、感染端末内のファイルを暗号化する。

 トレンドマイクロの解析によれば、このランサムウェアはMac OS自体のセキュリティ機能「Gatekeeper」を回避しているという。Gatekeeperは、インターネットからダウンロードされた不審なプログラムをブロックする機能だ。今回、インストーラに、正規開発元のデジタル署名が付加されており、Gatekeeper機能が有効に働かなかったとのこと。なお、今年2月にも同様の回避事例が確認されているという。

 これらのことから、今後もGatekeeper機能を回避する攻撃が発生するとみられている。この正規デベロッパのIDを悪用する手法は、iOSにおける不正アプリ頒布でも見られており、長年続いていた、「アップル製品は、比較的安全」という安全神話が、いよいよ終わりを告げる気配だ。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
2016年に入りボットネット、ランサムウェアが日本で急増

フォーティネットジャパンは、「FortiGuard Labs アップデート 日本を狙った脅威の傾向」と題する記者説明会を開催した。

icon
OS Xで初めて完全に機能するランサムウェア「KeRanger」を発見(Palo Alto Networks)

 OS XおよびiOSは、比較的安全なOSと思われている。それはシステム設計面による部分もあるが、基本的にはユーザーの絶対数が少なく、サイバー犯罪者が“カモ”だと考えていなかっただけだ。セキュリティ脅威がいつ...

icon
ランサムウェアを使った詐欺・恐喝が急上昇、「情報セキュリティ10大脅威 2016」を発表(IPA)

 2015年にも、情報セキュリティに関するさまざまな事故・事件が発生した。これについて、情報処理推進機構(IPA)は15日、社会的影響が大きかったトピックなどをの投票により選出したランキング「情報セキュリテ...

icon
主に中堅・中小企業を対象としたランサムウェア対策でアライアンス締結(ウォッチガード、アクロニス)

ウォッチガードとアクロニスは、ランサムウェア対策においてアライアンスを締結したと発表した。

icon
ランサムウェア感染被害に備えて定期的なバックアップを呼びかけ(IPA)

 IPA(情報処理推進機構)技術本部セキュリティセンターは5日、今月の呼びかけ「ランサムウェア感染被害に備えて定期的なバックアップを」を公開した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト