2016.07.27(水)

OS Xを狙う完全なランサムウェア「KeRanger」の分析結果を発表(トレンドマイクロ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 既報のとおり、OS Xを狙う完全なランサムウェア「KeRanger」が6日に発見された。OS Xにおいて、初めて完全に機能するランサムウェアとのことで、すでに大きな注目を集めている。トレンドマイクロは8日、公式ブログで「KeRanger」の分析結果などを発表した。

 それによると、「KeRanger」は、オープンソースのBitTorrentクライアントソフト「Transmission」のバージョン2.90で発見。配布サイトが侵害され、正規のインストーラが不正なインストーラに置き換えられたことにより起こったとみられている。3月5日午前4時~3月6日午後12時時までの間に、「Transmission」をTransmissionbt.comからダウンロードした利用者は、被害に遭う可能性がある。実行されると3日後に発病。匿名通信システム「Tor」(The Onion Router)を通じて犯罪用サーバにアクセスする一方、感染端末内のファイルを暗号化する。

 トレンドマイクロの解析によれば、このランサムウェアはMac OS自体のセキュリティ機能「Gatekeeper」を回避しているという。Gatekeeperは、インターネットからダウンロードされた不審なプログラムをブロックする機能だ。今回、インストーラに、正規開発元のデジタル署名が付加されており、Gatekeeper機能が有効に働かなかったとのこと。なお、今年2月にも同様の回避事例が確認されているという。

 これらのことから、今後もGatekeeper機能を回避する攻撃が発生するとみられている。この正規デベロッパのIDを悪用する手法は、iOSにおける不正アプリ頒布でも見られており、長年続いていた、「アップル製品は、比較的安全」という安全神話が、いよいよ終わりを告げる気配だ。

OS Xランサムウェア詳報……Gatekeeper回避でMacの安全神話は過去の物に

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

    データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  2. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

    Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  3. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  4. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  5. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  6. 複数の標的型攻撃の相関分析により、攻撃手口や攻撃者の目的に迫る(IPA)

  7. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  8. 標的型攻撃に対する経営リスクの認知、マイナンバー対応が地道に進む(JIPDEC、ITR)

  9. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  10. CASB、EDR、リモート・ブラウザ、Deception… ~ 重要セキュリティ技術トップ 10 発表(ガートナー)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×