2016.09.25(日)

2016年に入りボットネット、ランサムウェアが日本で急増

脆弱性と脅威 脅威動向

フォーティネットジャパン株式会社は3月8日、「FortiGuard Labs アップデート 日本を狙った脅威の傾向」と題する記者説明会を開催した。FortiGuard LabsはFortiGuardのリサーチ部門で、日本にも設置されている。Fortinetのグローバルセキュリティストラテジストであるデレク・マンキー氏は、FortiGuard Labsでは2016年、1分あたり約47万件のネットワークへの侵入を阻止し、9万5,000件のマルウェアに対処したという。

また、マルウェアは引き続き増加しており、ここ2年で10倍になっていると指摘した。日本の脅威の状況では、ボットネット感染数は世界で3位、エクスプロイトも同じく3位、マルウェアの検出数では同2位となった。マンキー氏は今後の懸念点として、M2Mネットワークにおける攻撃の台頭、Snapchatのようなコンテンツ保護ページから痕跡を残さず情報を抜き取るようなGhostwareによる攻撃を挙げた。

FortiGuardのセキュリティストラテジストである寺下健一氏は、日本を狙った脅威の動向を説明した。2016年1月から3月のIPSにおける検知数では「NTP.Monlist.Command.DoS」が半数以上を占めた。これはNTPの脆弱性を利用したDDoS攻撃であるという。アンチウイルスにおける検知数では「W97M/TrojanDownloader.34B7!tr」が3/4近くを占め、これはランサムウェアに関連するダウンローダーで、「Locky」や「TeslaCrypt」などが引き続き拡散されている。

ボットネット通信の検知数では「Zeroaccess.Botnet」が半数近くを占めた。日本では、ボットネットによる通信の検出数が2016年に入って急激に増加しており、2月末からは「Locky」の活動が活発になっているという。「Locky」は脅迫文を日本語で表示することが特長だが、同社のサンドボックス製品「FortiSandbox」はこれらをゼロデイで検出できるとした。さらにサイバー犯罪の組織化にも触れ、攻撃者はさまざまなツールやサービスを利用でき、アフィリエイターなども活用できる環境にあるとした。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

    「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

  2. Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

    Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

  3. あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

    あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

  4. 警察庁が上半期レポート、「Apache Struts 2」「PLC」「IP電話」へのアクセス目立つ(警察庁)

  5. 「Splunk Enterprise」および「Splunk Light」に複数の脆弱性(JVN)

  6. 「.js」添付ファイルが急増--警察庁が上半期サイバー脅威情勢まとめ(警察庁)

  7. 攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス)

  8. 「macOS」「Safari」などに複数の脆弱性、アップデートの適用を呼びかけ(JVN)

  9. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  10. 「Zend Framework」にSQLインジェクションの脆弱性(JVN)

  11. Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

  12. ガンホーゲームズを騙るメールに注意、本文に“流失”のミス(フィッシング対策協議会)

  13. Amazonを騙るフィッシングメールを確認、怪しいポイント多く気づきやすいか(フィッシング対策協議会)

  14. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  15. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  16. 「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開(アドビ)

  17. 月例セキュリティ情報14件を公開、最大深刻度「緊急」は7件(日本マイクロソフト)

  18. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  19. Microsoft Internet Explorer の JScript および VBScript エンジンにおけるオブジェクト処理の不備に起因する遠隔コード実行の脆弱性(Scan Tech Report)

  20. ハンゲームからの認証メールを騙るフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月30日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×