2016.07.25(月)

スマートフォンOS別シェア、初めてiOSが後退し52.4%に(IDC Japan)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 iPhone出荷台数が、国内で初めて前年割れしたことを2月に報じたが、年間のスマートフォンOS別シェアにおいても、2011年以降の増加傾向から、初めてiOSが後退したことがあきらかとなった。

 IDC Japanは7日、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2015年第4四半期(10月~12月)、および2015年通年(1月~12月)の出荷台数を発表。2015年通年のスマートフォン出荷台数は、前年比3.6%増の2,749万台だった。ただし第4四半期についてはiPhoneの落ち込みが影響し、前年同期比13.7%減のマイナス成長だった。

 この落ち込みにより、年間のスマートフォンOS別シェアで、iOSは52.4%にとどまった。なお2015年のスマートフォンのベンダー別シェアでは、アップルが1位を維持。以下、ソニー、シャープ、京セラ、富士通の順となっている。

 3月21日には「iPhone SE」の発表も予定されているが、買い替え需要自体は鈍化している。スマホ全体でも実質0円販売が廃止となり、出荷の下落傾向は今後も続くとみられる。

スマホOS別シェア、iOSが初の下落

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

    約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  2. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

    脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  3. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

    組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  4. CASB、EDR、リモート・ブラウザ、Deception… ~ 重要セキュリティ技術トップ 10 発表(ガートナー)

  5. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  6. スマートフォンのセキュリティ対策、中学生の26.5%が何も対策せず(MMD研究所)

  7. ハッキングされたサーバー7万台以上のアクセス情報を取引、闇フォーラム「xDedic」の実態を公開(カスペルスキー)

  8. インシデント報告は前四半期と同水準で推移--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

  9. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  10. 行政機関および独法等の個人情報管理状況、ほぼすべてが対応済み(総務省)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×