2016.07.24(日)

「FinalCode」と「Box」が連携、自動暗号化やファイル管理・削除を可能に(デジタルアーツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

デジタルアーツ株式会社は3月8日、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」に、クラウド型ファイル共有・コラボレーションプラットフォーム「Box」に対する機能連携オプションを同日より提供開始したと発表した。「Box」のファイル・コントロールおよび管理機能のオプションとして、「FinalCode」を連携させることが可能になる。

今回の機能連携によって、「Box」にアップロードしたファイルの自動暗号化や、ダウンロード後のファイルの追跡から権限設定変更を可能にするソリューションを提供する。これにより企業の情報セキュリティ担当者は、クラウドサービスを活用する組織に対してセキュリティ統制を効かせることが可能になる。また、「FinalCode」ファイルのアクセス・操作権限が、「Box」内のユーザ権限を管理する「コラボレータ」と連動する。

同連携ソリューションは、「FinalCode」Ver.5 Business Edition(1ライセンスあたり月額2,000円から)、またはEnterprise Edition(SaaS)(1ライセンスあたり月額3,600円から)に、Box連携オプション(1ライセンスあたり月額300円から)を追加することで利用可能となる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

    「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

    神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  4. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 国家機関発行の身分証明書や運転免許証等の印刷にも対応するプリンタを発売(HID Global)

  7. ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

  8. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  9. 専任IT管理者がいない中小企業向けに、UTMを中心としたワンストップサービス(リコー)

  10. 独自構造のサンドボックスをSaaS型セキュリティサービスに採用(フォーティネットジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×