マイナンバー制度「期待しているが不安もある」が34%--意識調査(JIPDEC)

2016年3月4日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は3月3日、「マイナンバーとプライバシーマークに関する意識調査」の結果を発表した。本調査は2月8日~9日、20代~60代の5階層における男女各100名を対象に、Webアンケートにより実施したもの。調査結果によると、回答者の約4割がマイナンバー制度に「期待している」と答えたが、そのうち8割以上(全体の34.2%)は「期待しているが不安もある」と回答している。

その不安についての回答は「個人情報が漏えいし、プライバシーが侵害される」が65.6%を占めた。また、マイナンバー制度の開始によって、企業の個人情報の取り扱いが「今まで以上に気になる」と約50%が回答している。なお、マイナンバーの通知カードではなく個人番号カードを申請したのは14.4%にとどまっている。JIPDECではプライバシーマーク制度を推進しており、今回の調査結果を制度運営に活かすとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JIPDECとエコマートは、電子取引の信頼性向上で協力することで合意したと発表した。

icon
マイナンバー「すぐに対応しないと」と危機感を持つ経営層は2割にとどまる(JIPDEC)

JIPDECは、マイナンバー対応状況についてのアンケート結果を発表した。

icon
マイナンバー対応へアクションを起こしている企業は3割、規模や地域で差も(JIPDEC)

JIPDECは、マイナンバー対応状況についてのアンケート結果を発表した。

icon
約7割が個人情報関連のトラブルを経験、しかし半数が「特に何もせず」(JIPDEC)

JIPDECは、「個人情報に関する意識調査」の結果を発表した。

icon
「認証局自身の電子証明書」に脆弱性による危険のないことを確認(JIPDEC、NICT)

JIPDECと NICTは、NICTが開発した検証ツールを用いて、電子署名・認証制度に基づく認定認証業務において重要な役割を果たしている「認証局自身の電子証明書」について、脆弱性による危険がないことを確認したと発...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト