ネット上での小遣い稼ぎは子ども全体の30.7%が経験、スマートフォン利用実態調査を発表(デジタルアーツ)

2016年2月24日(水) 10時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

男子高生2割が深夜スマホ、女子中学生6割はネッ友とほぼ毎日連絡

スマートフォン使用有無と今後の使用意向の画像
スマートフォン使用有無と今後の使用意向
携帯電話・スマートフォンの1日あたり使用時間の画像
携帯電話・スマートフォンの1日あたり使用時間
携帯電話・スマートフォンの1日の使用時間帯の画像
携帯電話・スマートフォンの1日の使用時間帯
携帯電話・スマートフォン使用してからの経験内容の画像
携帯電話・スマートフォン使用してからの経験内容
コミュニケーション量の変化(家族)の画像
コミュニケーション量の変化(家族)
コミュニケーション量の変化(友達)の画像
コミュニケーション量の変化(友達)
コミュニケーション量の変化(ネット上の友達)の画像
コミュニケーション量の変化(ネット上の友達)
ネット上の友達とのコミュニケーション頻度の画像
ネット上の友達とのコミュニケーション頻度
ネット上の小遣い稼ぎの経験の画像
ネット上の小遣い稼ぎの経験
小遣い稼ぎを始めた理由の画像
小遣い稼ぎを始めた理由
ネット上の小遣い稼ぎの内容の画像
ネット上の小遣い稼ぎの内容
 未成年者の半数近くがほぼ毎日、インターネット上の友達と連絡を取り合っていることが2月22日、デジタルアーツの実態調査結果より明らかになった。女子中学生に限ると、「ほぼ毎日」という回答は6割を超えていた。

 「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」は、2011年12月から定期的に行っている調査の第9弾として1月8日~14日に行われた。対象は、携帯電話やスマートフォンを持つ10歳~18歳の男女および0歳~9歳の子どもの保護者で、計1,213人から回答を得た。

 未成年者のスマートフォン所有率は70.6%で、2015年6月の前回調査より3.3ポイント増加した。特に中学生の所有率の増加が目立った。

 携帯電話・スマートフォンの1日の平均使用時間は、子ども全体で3.0時間と、前回調査より0.5時間増加。高校生の使用時間がもっとも長く、男子4.8時間、女子5.9時間にのぼった。利用時間帯でもっとも多いのは「18~21時」。男子高校生の23.3%は「0~3時」の深夜時間帯に使用していた。

 携帯電話・スマートフォンを使用してからの経験では、女子高校生の48.5%が「使い過ぎていると注意された」、43.7%が「寝落ちするまでいじっていた」と回答した。

 携帯電話・スマートフォン購入後のコミュニケーションについては、家族とは8.9%が減り、友達とは19.9%が増え、ネット上の友達とは25.6%が増えたと回答した。ネット上の友達とのコミュニケーション頻度は、「ほぼ毎日」がもっとも多く47.6%で、女子中学生では63.6%、女子高校生では59.3%に達した。

 ネット上での小遣い稼ぎは、子ども全体の30.7%が経験していた。高校生では、男子79.6%、女子68.9%にのぼった。小遣い稼ぎをはじめた理由は、「追加で遊ぶお金がほしいから」が47.4%でもっとも多く、ついで「自分の好きな時間・ペースで稼げるから」33.2%。稼ぎ方は、「ポイント交換」が76.8%を占めた。
《奥山直美@リセマム》

注目ニュース

icon
青少年向けのネットマナー啓発の在り方について講演、「スマートフォン セキュリティ シンポジウム」を開催(JSSEC)

 日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)啓発事業部会は3月12日、「スマートフォン セキュリティ シンポジウム」を開催する。青少年向けのネットマナー啓発の在り方について、講演やパネルディスカッショ...

icon
青少年のスマートフォンの利用状況や犯罪被害、非行の実態を紹介し保護対策について議論(警察庁)

 警察庁は、3月16日に警察政策フォーラム「青少年のスマホ利用のリスクと対策」をグランドアーク半蔵門で開催する。大学教授や精神科医、IT企業による基調講演とパネルディスカッションを行う。参加費は無料で事...

icon
スマートフォンにセキュリティソフトをインストールしているユーザー、32.7%に留まる(ジャストシステム)

 ジャストシステムは4日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)」の結果を発表した。調査期間は1月28日~2月1日で、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、15歳~69歳の男女...

icon
子どものスマートフォンのフィルタリングの設定、ID・パスワードは保護者が設定・管理するよう呼びかけ(文部科学省)

 文部科学省は1月28日、学校や市区町村の関係機関などに対して「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての協力依頼を呼びかけた。児童生徒が進学などで初めてスマホなどを手にする機会が多いこの時期に、...

icon
子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的としたサポートサービスを共同開発(FULLER、KDDI)

 FULLERとKDDIが、子どもの安全なスマートフォン利用推進を目的とした子ども向けスマホサポートサービスを共同開発した。FULLERがベース開発したスマホ利用管理アプリ「スマホスピタル for Family」を、KDDIの子...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト