Windows 10に正式対応した無償セキュリティツール「EMET 5.5」を正式公開(マイクロソフト)

2016年2月5日(金) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

無償セキュリティツール「EMET」、Windows 10対応版が公開

「EMET 5.5」ダウンロードページの画像
「EMET 5.5」ダウンロードページ
「EMET」の持つ機能の画像
「EMET」の持つ機能
「EMET」の動作イメージの画像
「EMET」の動作イメージ
 マイクロソフトは3日、脆弱性緩和ツール「EMET」(Enhanced Mitigation Experience Toolkit) の最新版「EMET 5.5」を正式公開した。2015年10月よりβ版が公開されていた。

 「EMET」は、マイクロソフトが無償で提供しているセキュリティツール。OSが提供している脆弱性の緩和策、EMET独自の緩和策を適用できる。攻撃を検知した場合には、攻撃を受けたアプリケーションやシステムを強制終了することで、攻撃回避も可能。

 最新版の「EMET 5.5」では、Windows 10に正式対応した。「信頼されていないフォント」(Fontsディレクトリ外にあるフォント)を悪用した攻撃からの保護か可能になっている。なおWindows 10には、Device Guard、Control Flow Guard(制御フローガード)、AppLockerなどの緩和策が最初から組み込まれている。またグループ ポリシーでEMETの設定を構成すると、専用レジストリに反映されるため、より扱いやすくなっている。

 EMETはマイクロソフトサイトからダウンロード可能。日本語ユーザー ガイドは現在準備中。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon

もしも「モノ」のメーカーがアップデートを遅らせることを決意し、その結果「モノ」が修復されないのであれば、それは良いことではない。そして「モノ」がオンラインの状態だということを考えると……もうお分かり...

icon

それは必要に応じて、あなたの作業用 PC を、吟味されたソフトウェアしか実行できないものに変える。コード整合性のポリシーを利用する企業は、ユーザーモードとカーネルモードの両方で、どのバイナリの実行を許...

icon

「確かに EMET は良いユーティリティであり、エクスプロイトの開発者に対して(攻撃の)ハードルを引き上げるものであるが、それは『この種の攻撃を食い止められる万全の解決策』ではないということが示されている」

icon
脆弱性緩和ツール「EMET」の最新版をリリース(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の最新版バージョン「EMET 4.0」をリリースした。

icon

IPAおよびJPCERT/CCは、複数のビデオドライバにEMETにおけるASLR機能をサポートしていない問題が存在するとJVNで発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト