「おうちのCSIRT」を目指す「情報セキュリティハンドブック」を公開(NISC)

2016年2月2日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
「情報セキュリティハンドブック」の画像
「情報セキュリティハンドブック」
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2月1日、「情報セキュリティハンドブック」を公開したと発表した。同ハンドブックはネットワークビギナーを対象に、身近な話題からサイバーセキュリティに関する基本的な知識を紹介し、学んでいくことを目的としたもの。また、家族や仲間、サークルなどで最初のセキュリティに詳しい人(おうちのCSIRT)になり、周囲にサイバー攻撃の怖さやセキュリティの大切さを広めて欲しいとしている。

今回公開されたのは第1章「基本のセキュリティ~ステップバイステップでセキュリティを固めよう!」のみで、「4つのポイントでセキュリティを守る」「環境を最新に保つ、セキュリティソフトを導入する」「複雑なパスワードと多要素認証で侵入されにくくする」「攻撃されにくくするには、手間(コスト)がかかるようにする」「心の隙を作らないようにする(対ソーシャルエンジニアリング)」という構成となっている。全34ページのPDFファイルとなっており、無償でダウンロードできる。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
サイバーセキュリティの普及啓発強化のため攻殻機動隊SACとタイアップ(NISC)

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は21日、マルチメディアコンテンツ『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX(SAC)』とのタイアップを行い、サイバーセキュリティに関する普及啓発強化のため、さまざまな企...

icon
重要インフラにおける分野横断的演習、昨年の3倍以上となる302組織が参加(NISC)

NISCは、2015年度の重要インフラにおける分野横断的演習の実施結果について発表した。10回目となる今回は、302組織1,168名が参加した。

icon
日本のサイバーセキュリティ推進を目指し協力(NICT、NISC)

NICTとNISCは、サイバーセキュリティ基本法等を踏まえた包括的な協力協定を新たに締結したと発表した。

icon
サイバーセキュリティ基本法とNISCの役割について――NISC 副センター長 谷脇康彦氏

谷脇氏は、日本をとりまくサイバーセキュリティの現状や政府の取り組み、サイバーセキュリティ基本法の理念とNISCの位置づけなどを語った。

icon
サイバーセキュリティ基本法などを受け、協力関係を人材育成などに拡大(IPA、NISC)

IPAとNISCは、サイバーセキュリティ基本法等を踏まえた包括的な協力について新たに締結したと発表した。

RSS

特集・連載

経済社会アクセスランキング

ピックアップフォト