遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.23(月)

遠隔操作ウイルスの指令に、検出が難しいDNSを使用する攻撃を確認(ラック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社ラックは2月1日、遠隔操作ウイルスに対する指令の伝達手段としてDNS(Domain Name System)パケットを悪用する事案を初めて確認し、注意喚起情報として公開した。これは、同社が運営する緊急対応サービス「サイバー119」で調査した複数の案件で確認されたもの。PCで動作している不審なソフトウェアを調査したところ、企業内の情報を盗み出す目的で使用される遠隔操作ウイルス(RAT)であることが判明した。

このRATを解析したところ、攻撃者との指令伝達にDNSの通信を使用するDNSトンネリングとも言われる手口であることが確認されたという。同社が緊急対応した事案で、この手口が使用されたケースは初となる。攻撃者は、DNSサーバを模した指令サーバ(C2サーバやC&Cサーバとも呼ばれる)を構築し、企業内部で活動する遠隔操作ウイルスが、通常のDNS要求を模したリクエストを指令サーバのドメインに送り、指令の伝播を実現していた。

DNSは、インターネット接続機能を持つ機器には必須の技術であるため、影響を受ける機器が非常に多い。また、DNSサービスへのアクセスを防ぐためには、攻撃者が用意したDNSサーバのドメイン名を知る必要がある上に、知っていてもアクセスの制限が難しい。さらに、DNSの動作履歴をログとして記録している企業はほとんどなく、不正なDNSアクセスに気づきにくい。同社では、対応は困難であるが不正なDNS通信があるかどうかを調査し、検出された場合には速やかに対策を行う必要があるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 「Apache HTTP Web Server」に情報漏えいやDoS攻撃の脆弱性(JVN)

    「Apache HTTP Web Server」に情報漏えいやDoS攻撃の脆弱性(JVN)

  3. Windows版「Wireshark」に任意のファイルが削除される脆弱性(JVN)

    Windows版「Wireshark」に任意のファイルが削除される脆弱性(JVN)

  4. 「魚拓」サイトに詐欺サイトを記録保管するケースを検知(BBソフトサービス)

  5. 支払いと拡散を選ばせるランサム、ドキシング、機械学習の犯罪利用など予測(Avast Software)

  6. 2016年十大ニュース、1位はIoTセキュリティ、番外編に「シン・ゴジラ」(JNSA)

  7. 「Officeのプロダクトキーが不正コピーされた」とするフィッシングを確認(フィッシング対策協議会)

  8. BIND 9.xにDNSサービスが停止する複数の脆弱性、緊急情報を公開(JPRS)

  9. 「PHPMailer」に任意のOSコマンドを実行される脆弱性、攻撃コード公開(JVN)

  10. 「SKYSEA Client View」に任意のコードが実行可能な脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×