約81万件の顧客情報が保存されたUSBメモリを紛失(東京電力)

2016年1月28日(木) 22時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京電力は1月28日、同社カスタマーサービス・カンパニー執務室内において個人情報を記録したUSBメモリを紛失したと発表した。

これは同社社員がカスタマーセンター執務室内で、1月21日に電話対応状況のデータ移行を行うためUSBメモリを使用し、その後1月25日に再度データ移行を行おうとした際に同USBメモリの紛失に気づいたというもの。

紛失したUSBメモリには、約81万件の顧客情報(氏名、電話番号、住所、電気料金、電気使用量)が含まれているという。

なお紛失したUSBメモリ内のデータには高度なセキュリティ対策が講じられており、また執務室内での紛失と考えられ持ち出された形跡が確認できていないことから、データ流出の可能性は極めて低いとのこと。
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

JRAは12月20日、福島競馬場において「福島競馬場シニアカード会員」の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

icon

関西大学は12月11日、個人情報を記録したUSBメモリの紛失があったと発表した。

icon
スマートデバイスを飲食店に置き忘れるケース、忘年会シーズンがほぼ半数(MOTEX)

MOTEXは、「スマートデバイスの紛失実態調査」の結果について、同社の「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」において発表した。

icon

群馬大学医学部附属病院は11月27日、患者の個人情報が記録されたUSBメモリを院内で紛失したと発表した。

icon

愛知県教育委員会は11月12日、あま市の県立五条高等学校の男性教諭が模擬試験成績等のデータをUSBメモリに入れて校外に持ち出し紛失したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト