首都圏の高専で初となる実践的な情報セキュリティ技術者育成プログラム(東京都立産業技術高等専門学校)

2016年1月26日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
首都圏の高専で初となる実践的な情報セキュリティ技術者育成プログラム(東京都立産業技術高等専門学校)の画像
首都圏の高専で初となる実践的な情報セキュリティ技術者育成プログラム(東京都立産業技術高等専門学校)
プログラムの概要の画像
プログラムの概要
東京都立産業技術高等専門学校は1月25日、情報セキュリティ技術者育成など新たな職業教育プログラムを2016年4月より開設すると発表した。これは、産業界のニーズへの対応や、東京都の都市課題の解決に向け、実践的な職業教育をより一層推進するための取り組み。これにより、高度な専門知識と技術・技能を兼ね備えた実践的な中核技術者を輩出することを目的としている。

新たに設置するのは、電子情報工学コースの「情報セキュリティ技術者育成プログラム」、航空宇宙工学コースの「航空技術者育成プログラム」。首都圏の高専で初めて、基礎的な工学知識をベースに実践的な職業教育を上乗せする体系的なプログラムを実施する。情報セキュリティ技術者育成では、実習を主体とした教育プログラムを実施。実習では、実際に情報システムを構築・運用し、サイバー攻撃によって引き起こされるインシデントを実際に体験しながら対応法を身につける。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
セキュリティ人材育成のエコシステム実現に向け、産業横断で取り組み(産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会)

産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会は、産業界が必要とする人材像の明確化と人材育成のためのエコシステム実現に向けて取り組みを開始すると発表した、

icon
サイバーセキュリティ基本法などを受け、協力関係を人材育成などに拡大(IPA、NISC)

IPAとNISCは、サイバーセキュリティ基本法等を踏まえた包括的な協力について新たに締結したと発表した。

icon
人材育成を目的に「サイバー攻撃対策講座」を早稲田大学に設置(早稲田大学、NTT)

早稲田大学とNTTは、社会的な脅威となっているサイバー攻撃に対抗できるサイバーセキュリティ人材の育成に向けて、2015年4月から学部学生と大学院生を対象とした「NTT寄附講座:サイバー攻撃対策講座」を開設する。

icon
セキュリティ人材育成支援としてCSIRT研修サービスを開始(日本IBM)

日本IBMは、企業のCSIRT機能の充実を支援するため、「CSIRT研修」サービスを開始し、9月から実施すると発表した。

icon
「Tokyo SOC」を拡充、産学連携でセキュリティ人材育成支援サービスも開始(日本IBM)

日本IBMは、同社が全世界で展開しているIBMセキュリティ・オペレーション・センターのひとつ「Tokyo SOC」を拡充し、サイバー・セキュリティ分野のビジネスを強化すると発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト