2016.06.01(水)

バッファロー製の複数のネットワーク機器に脆弱性(JVN)

脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月22日、株式会社バッファローが提供する複数のネットワーク機器にクロスサイトスクリプティング(XSS)およびクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSSによる最大Base Scoreは6.1。

「WSR-1166DHP」などのネットワーク機器のファームウェアには、XSS(CVE-2016-1135)およびCSRF(CVE-2016-1134)の脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると、当該製品の管理画面にログインしているユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行されたり、ユーザが当該製品にログインした状態で細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. 細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

    細菌の増殖が活発化し食中毒が増える傾向に、細菌を「付けない」ためにハンドソープによる正しい手洗いを

  2. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

    「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  3. Twitter上でマルチプラットフォーム向けのブラウザクラッシャーを確認(トレンドマイクロ)

    Twitter上でマルチプラットフォーム向けのブラウザクラッシャーを確認(トレンドマイクロ)

  4. 「Log-Chat」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

  5. C&Cサーバとの通信にTorを利用する「Mevade」の活動を検知(日本IBM)

  6. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  7. 「ISC BIND 9」にDoSの脆弱性、対策版の適用を呼びかけ(JPCERT/CC)

  8. 複数のサイボウズ製品にCSRFの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. Wi-Fiルータをハッキングするトロイの木馬を確認(Dr.WEB)

  10. ビル管理システムに対する探索行為を検知、対策を呼びかけ(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×